ステータスマッチ

1年間のインド駐在生活を振り返って。インドで暮らし、働くとは?

そろそろ私の南インド・チェンナイでの駐在生活も約1年になります。そして、とうとう本帰国することになりました。

一応軽く説明すると、私は新卒1年目で、インドに派遣されることになりました。確実に、人生における大きなターニングポイントの一つでしたね。人生観が変わりました。

最初は旅の記録をさらっとまとめるだけにしようかと思いましたが、せっかくなので、私が南インドのチェンナイ駐在生活でどんなことをし、どんなことに気づき、どんなことを学んだのかを、書いておこうと思います!

(私の経験談なので、全ての方に当てはまることではないです。ご了承ください。)

インド駐在のメリット

インドに限定されるわけでは必ずしもないですが、インドで1年生活してみて、日本にいるより良かったかなということをいくつか挙げます。

インドを肌で感じられた

日本にいるだけでは、インドのことなんか大してわからないです。実際1年住んでみると、やはり実体験から、インドのカオスさもポテンシャルも嫌というほど感じます。カオスさは、牛の群れが幹線道路を闊歩している、という事実で察していただけますかね笑 貧困問題など、なかなか実生活では深く知ることのできないことも多いですが。

カオスさ同様、ポテンシャルもよく感じます。インド人ののんびりした性格や仕事の進め方、政治の腐敗もあり、街が急速にかつ効率的に近代化への道を歩んでいる、というほどではありません。ただ、「やる!」と決めたら彼らの行動は早いようで、かなりの速さで建物が建ったりするし、来印当時はすっからかんに近かったようなモールが、今では賑わいを見せたりするなど、ビックリすることも多いです。道も1年で、あれでもだいぶ綺麗になった気がします。汚いのになれただけ? 気のせいかな・・

人口ボーナスと低賃金の大量の労働力、アジャイル(というとかっこよく聞こえるが)的な物事の進め方など、侮れない底力を秘めています。日本は幸いインドと現状でも仲が良いですが、好むと好まざると、今後はさらに連携を強めていかざるを得なくなりそうです。

個人的には、インドの10年後、20年後が、大変楽しみであります!

自己を振り返る時間・知識を蓄える時間がかなりあった

もちろん全ての駐在員さんに当てはまるわけではありません。インドに来て公私ともに充実した日々を過ごされている人もいるでしょう。しかし私は正直、「ヒマ」な時間が多かったです。というのも、

  • 職場は近く(しかも車通勤(共有の車で運転は運転手))、ほぼ残業なし
  • 自炊・洗濯・掃除の必要なし
  • 仕事はぶっちゃけぬるい
  • 街中や周辺、部屋の中でも娯楽がかなり少ない

という生活だったからです。前半3つ、あるいは2つはとても魅力的に見えますか?? 私も当初は魅力的でした。日本でサラリーマンをしていた時は、毎朝毎晩満員電車で輸送され、学生時代とサラリーマンの時間の流れ方に強いギャップを感じてました。ひたすらのんびり、自分の好きなことをしたいなと考えてました。

ただ、当たり前なのですが、いくら好きなことができる時間があっても、好きなことができるとは限らない!んですね。もし外でジョギングしようと思っても、空気は汚いわ、車やバイクがひっきりなしに往来するわ、牛や野犬がうろちょろしてるわ、牛の糞はそこら中にあるわ、でまともに街中など走れません。好きな勉強をしようと思ってしても、すぐに日本で資格試験が受けられなかったりすると、モチベーションもだんだん落ちてくるわけです。

ジョギングも勉強も楽しみってほど楽しみでもないですが笑 純粋な娯楽といえば、YouTubeと映画くらいですかね。映画館がバスで10分くらいのところにあったのは救いでした。英語の映画があれば、毎週通ってました。

時間さえあればいくらでも勉強できるんじゃないか、などと過信していましたが、単調すぎると徐々にやる気がなくなって来ました。己の弱さを思い知りましたね。まあ、大部分の人間はこんなもんだと思いますけど(開き直り)。いやあ、浪人しなくて良かった、なんて思ったり・・

というわけで、前置きが長くなりましたが、日本にいる時より、時間だけはたくさんありました。時間があると、いろいろ考えますね。自分の人生はこんな感じでいいのか?とか、結局のところ自分は何がやりたくて、何が理想の人生なのか?という自問自答の繰り返しです。下手すると病みそうですが笑、忙しい日本の生活の中では、あまり自分自身に落ち着いて向きあうこともなかったので、いい機会だったなとは思います!

それに加え、ひたすらネットサーフィンなどで、雑学を仕入れました。実用的なものもそうでないものもありますが、今後何かで生きてくるかもしれません笑 クイズ大会出ようかな・・

海外勤務を経験して現実を知れた

「海外勤務」といっても、いろいろなタイプがありますよね。私は手放しで楽しめる海外勤務ではなかったので、その分、海外で働くということについて、冷静に見ることができるようになったと思います。「海外勤務」ってなんかイメージかっこよさそうですもんね笑

例えば、バンコクやシンガポールなど、日本でできるようなことがほとんどできる大都会で駐在していたら、事情が変わっていたでしょう。仕事は権限が増えて毎日充実、タワーマンションに住まわせてもらって運転手もついて、おまけに海外手当なんかも出て、なんていう人生ウハウハな海外駐在をしていたら、日本に帰りたいとは思わなかったでしょうし、人生なめてたと思います笑

大した能力もない一般的な20代がこんな生活を体験してしまったら、後々の人生ツラいでしょうね・・

私の学生時代の目標(というよりは願望?)の一つに、「いずれは海外で働いてみたい」というものがあり、それは予想外に早々と達成できました。そのため、今後の人生で、海外駐在という目標を無理して達成しようとがむしゃらになる必要も無くなりました。もうちょっと地に足のついた人生を歩みやすくなったかもしれません。それは良かったです。

「海外で働きたい?」「いえ、もうやったんで、それほどでも。」というやる気のない会話が素でできるようになりました。

正直、もう海外はしばらくいいかな・・^^;

あ、それと、「海外で働いた」というだけの職務経歴ではあまり評価されず、結局は「どんな仕事をして、どんな貢献・成長をしたか」が重要になってきます。どんな仕事をするにしても、日本にいるより英語力くらいは身につくかもしれないですが、通訳になるのでもなければ、英語だけ極めてもしょうがないです。

もしあなたがこれから海外駐在を考えているなら、自分の市場価値を高められる職務経験が積めるような駐在を、強くオススメします。

インド駐在のデメリット(学びがあったという点ではメリット)

インド駐在にはデメリットもたくさんありますが、そこをいかにポジティブ思考で乗り越えるかが、生存の鍵です(真顔)。

とにかく食がツラい(チェンナイの食事が合わなすぎた)

これはもうどうしようもないです。生き物は生存のために栄養を取らなくてはなりませんが。

私のTwitterのフォロワーさんにはインド料理が好きな人が多いので、ディスりツイートなどは極力しませんでしたが、チェンナイの料理は私に合わなかったですね。 私が決してグルメなのではなく(300円の牛丼や立ち食いそばで幸せを感じられる庶民)、大概の日本人は数週間でも滞在すると、私と同じような感想を持ちます。最初の方は美味しいと感じること(錯覚?)もなくはなかったですが、さすがに何十回も食べるとねえ・・

もちろん食べ飽きるにつれ食への嫌悪感は増しました。単にチェンナイの南インド料理が不味いだけじゃなく、パスタもハンバーガーも基本的になんでも不味い。味付けがないか、変にありすぎる。味見してから客に出せや!って突っ込む気力もそのうちなくなりますね、はい。

ここで少し、インド料理に釈明しておきましょう。私は日本のインド料理屋で食べるインド料理は好きです。インド料理が好きな日本人の多くは、日本で食べるインド料理が好きor北インド(もはやタミルナードゥ以外?)で食べたインド料理が好き、とのことで、インド料理好きを公言されているのではないかと思います。(本場北インド料理も、多くの日本人にはクセが強いと思うが)

そうなんです。チェンナイがあるタミルナードゥ州の料理は、インドでも独特なんですね。私のお世話になった上司は、タミルナードゥ州の西隣にあるケーララ州出身でしたが、チェンナイに来て半年はチェンナイのものがなかなか食べれなかった・・と言ってました。タミルナードゥ州以外の州出身の同僚の何人かは、チェンナイの料理を毛嫌いしていて、できるだけ北インドの料理を食べるようにしていました。

タミル人は幼い頃から、よそ者には理解できない味覚を醸成してきたのか、そもそも味音痴なのか・・わかりません。かの大英帝国(現在のイギリス)は味音痴で有名ですが、その「味への無頓着さが帝国主義を推し進めた」というほんとか嘘かわからない理由を聞いたことがあります。味音痴がインド支配の条件であったであろうことは、実体験から私も激しく同意します・・

ちなみに、日本で1年働いたことのあるタミル人同僚は、「チェンナイの食事より日本食の方が好き」と言う衝撃発言をしていました。彼にとっては故郷の味だけを知っていた方が、もしかしたら幸せだったのかも・・

タミルナードゥは食以外の面でも、インドの異端児的な存在ですしね・・ 人様の食文化をどうこう言うのもお門違いかとは思いますが、やはりご飯が不味いとこに住むのはこりごりです。

キッチンがある家に住むことをオススメします。あとは食材が手に入れば・・

家族や恋人が身近にいない・親しい友人が少ないのは思ったより寂しい

これは国内であっても、縁もゆかりもない土地に単身赴任した場合と似てますね。共感してくださる人も多いのではないでしょうか? ただ、ここはインド、しかもチェンナイ。恋人や親しい友人を現地で作ればチェンナイライフが楽しくなるかもしれませんが、上述のように食の好みが合わなすぎる相手と一緒にいても大変・・というのは火を見るよりも明らかです。

私はどちらかというと、1人で行動してもあまり寂しさを感じない人間だと思ってましたが、こうも時間を持て余す生活を1人でしていると寂しくなりますね。私自身の新たな一面を発見できました。

日系の駐在員の皆さんが、毎週同好会などで集まって、日本食を食べて、お酒を飲んで騒ぐのも自然な現象ですね。ムラ社会が合わないと言う人もいますが。

家族帯同で駐在している人は、日本にいる時よりも家族との時間が作りやすいし、旅行もたくさんできる!と言ってました。その通りですね。そう考えると、異国で生活するストレスもだいぶ軽減されるのかなと思います。その代わり、家族の日々のケアが大変かもしれませんが。

住環境が厳しい

ジョギングすら難しいのは、上述の通りです。私は、休日は運動したり、お出かけしたい人間なので、チェンナイはこの点でもかなりキツかったです。健康に悪いし、食欲が減って、体重も減りましたね・・ UBERとかでタクシー呼んで遠出すればいいんですが、大分待たされたり、めんどくさい運転手とのやりとりは疲れます。渋滞もひどいですし。UBERの運転手は、行き先伝えた途端にキャンセルする輩が多いんですよね。

公共交通機関などインフラが未熟なのも、東京や埼玉の利便性が高めの地域を活動圏内にしていた私としては、やはりギャップが大きかったです。

今度引っ越しするときは、しっかり住環境をリサーチしてから決定したいと、強く思うようになりました。

インド駐在生活の月ごとの記録

アクティブな人はもちろんのこと、よっぽどインドアで異文化嫌いでもない限り、多忙な日本国内にいる時よりも旅行に行く駐在員は多いのではないかと思います。私もいろいろ楽しみました!

インド駐在1ヶ月目

上述の通り、新しい環境を楽しみつつも、やはり戸惑いも多かったです笑

タイに留学したり、東南アジアや南米でバックパック旅をし、それなりに海外慣れしてきたつもりでしたが、インドはやはり、住むのが大変だと実感しました。

インド駐在2ヶ月目

チェンナイのいろんな箇所を見て回りました! あまり観光地として有名ではないですが、歴史ある大都市なだけあって、見所は割とあります。一番有名なのは、世界遺産のマハーバリプラムですかね。

チェンナイ周辺のニッチな場所にも行きました! ベロールなどいろいろマイナーめな所に行きましたが、ハイライトはジンジーフォートですね。

インド駐在3ヶ月目

以前フランス領であったポンディシェリに行きました! タミルナードゥっぽくない雰囲気は面白かったですが、正直、インドはインドだな、という感じ笑 その近くのオーロヴィルという共同体の世界観は、大変興味深かったです! ぜひ理想郷を体現していただきたい。

インド駐在4ヶ月目

この月は食中毒になったりして、結構おとなし目に過ごしていました・・ チェンナイ生活の疲れが出てきましたね。銀行口座一つ作るのもなかなかうまくいかず・・

語学好きというのもあり、異文化理解の一環でタミルナードゥ州の言葉であるタミル語を学んだりしました! タミル語は日本だとかなりマイナーな言語ですが、インドのほか、スリランカ、シンガポールでタミル語は公用語の一つとなっています! シンガポールの駅などで見る謎の文字は、実はタミル語なのです。

インド駐在5ヶ月目

日本からは直行便がなく、かつ、チェンナイから直行便がある、かつ、面白そう、ということで、アラビア半島のオマーンに行ってきました。中東デビュー笑

首都のマスカットしか行きませんでしたが、なかなかいい場所でした! 日本人はまだまだ少ないですが、きっと好きになる人も多いはず。こうやって発展している国に行ってしまうと、ことさらインド生活がツラくなるという・・

インド駐在6ヶ月目

チェンナイ中央駅から寝台列車で、古都マイソールに行きました! インドの寝台列車というと汚そうと思われるかもしれませんが、ミャンマーの寝台よりは、きれいで快適でしたね。マイソール宮殿は荘厳でした。

その後、何かと話題のIT都市、バンガロール(ベンガルール)に行きました! アコーホテルズのプラチナメンバー資格をゲットしたついでに、ヒルトンのダイヤモンドメンバーになっていたので、ヒルトンに泊まってみました。

そして、シンガポールにも行きましたね。ヒルトンのダイヤモンドメンバーになったとはいっても、ステータスチャレンジだったので、4滞在以上しないと3ヶ月後にヒラ会員に戻ることになっていました。そのため、4滞在してゴールド会員だけでも維持するために、ここでもヒルトンです笑

また、アメックスゴールドカードの特典である招待日和を使って、Joie by Dozoでお得に美味しい創作コース料理を堪能しました!

アメックスゴールドを分不相応にも作ったのもそうですが、インドでの自由時間を有効利用し、ひたすらコスパ良く人生を楽しむ手段を調べまくったら、カードやマイル、ポイントサイト、ホテル優待などにかなり詳しくなりましたね。今までクレジットカードに年会費などほぼかけたことなかったのですが、「お金を払って良いサービスを得て元を取る」賢くお金を使える人間を目指すようになりました。

楽天プレミアムカードも作りましたが、プライオリティパスで空港ラウンジを使いまくって、年会費の10倍くらいは得してると思います。むしろ楽天カードさん使いすぎてゴメン、って感じ笑 学生時代の貧乏旅と比べると、こういった面で旅の快適度は上がってきました。

インド駐在7ヶ月目

シンガポールで謎に体調を崩したため大人しくしていました苦笑

その後体調は無事回復したこともあり、このままでは3ヶ月以内にヒルトン4滞在以上達成できない!ということで、チェンナイのヒルトンに泊まりに行きました。完全にヒルトンの策略にはまっていますが、楽しいので良しとします笑 そしてまた謎に体調を崩しました・・

アップグレードをしてもらって、なんちゃらスイートという部屋になりましたが、やはり1人での宿泊で、ちょっと虚しくなりました苦笑

インド駐在8ヶ月目

高校時代に環太平洋学生キャンプで出会った、私にとって初めてのマレーシア人の友人が結婚するということで、結婚式に呼んでもらいました! 彼と奥さんには、大学時代マレーシアに遊びに行った時もお世話になりました。彼らはとても親切で、温かかったです。

その後にクアラルンプールを、他のマレーシア人の友人と一緒に観光しました。天后宮は美しかった!

そして、ヒルトン4滞在目を達成しました! これでゴールド会員維持です。ベストレート保障という侮れない裏技を試して、お得に宿泊してみたりしました。

インド駐在9ヶ月目

今までいろんなところに行ったので、チェンナイでのんびりしていました。日本食料理屋に行ったりしましたね。

どこにも行かないつもりでしたが、急遽海の日が休みになると知り、同じ南インドの都市であるハイデラバードに行ってみました! 可能性を感じさせるIT都市でした。UBERの運転手がみんないいやつで、逆に驚きました。州が変わると外国並みに変わるのがインドです。街中の言葉が変わるので面白いです。

ベストウェスタンもステータスマッチして、ダイヤモンドセレクトメンバーになっていたため、試しに泊まってみました。しかし、ダイヤモンドセレクトメンバーだからといって、何かあるわけではありませんでした・・残念

インド駐在10ヶ月目

チェンナイから飛行機で1時間半弱のスリランカに初めて行きました! 見所がたくさんあって非常に良い国でしたね。

4滞在したヒルトンのポイントを使って、ヒルトン・コロンボにも泊まってみました。といっても、ヒルトン・コロンボはあまりお手頃価格ではなかったので、ポイントをフル活用しても半額くらいにしかなりませんでしたが・・

インド駐在11ヶ月目

「一番遠いインド」と言われるアンダマン諸島の中心地ポート・ブレアに行ってみました! 違ったインドの側面を見れて、興味深かったです。太平洋戦争時には日本軍が支配していたこともあるところです。70年前に生まれていたら、こんなよくわからない南の島に行かされて、戦わされて・・と考えると、ほんとに今の日本は平和で良かった・・

1ヶ月ぶりにスリランカへ再訪し、前から体験してみたかった本格アーユルヴェーダを4泊5日で体験してきました。その後、世界遺産の城塞都市ゴールにも足を伸ばしました。途中スマトラ沖地震の津波の傷跡を見て、日本人としては人ごとではないな、と思わされました。

インド駐在12ヶ月目

大学時代に交換留学していたタイに、約3年ぶりに再訪しました! バンコクだけでなく、世界遺産のカオヤイ国立公園やその周辺、美しい北タイのチェンライや、ちょっと足を伸ばして、かつての麻薬密輸地帯のゴールデントライアングルなどにも行けて、大変充実した1週間となりました!

チェンライにル・メリディアンがあるということで泊まってみましたが、自然豊かでのんびりできて素晴らしいリゾートでした! SPGもゴールド会員になっていたので、通常より良いおもてなしも受けれました。SPGアメックス作っといて良かった!

スワンナプーム空港で帰りの便を待っている間は、航空会社のラウンジをはしご。プライオリティパス を手に入れてから、旅の楽しみが一つ増えました!

チェンナイ最後の週末は、チェンナイ最高のホテルと言われているITCグランドチョーラで過ごしました! 豪華な内装がすごかったです・・

インド駐在13ヶ月目

本帰国。正直、早く帰りたいなと思うことは多々ありましたが、いざ帰るとなると名残惜しいものです。これでオフィスに行くのも最後、ここでご飯を食べるのも最後、この人たちと会うのも最後かも、などと都度感傷に浸っていました。

お世話になった人から最後に温かい言葉をかけられると、目頭がジーンとします。

終わりに

以上、ざっとですが、私のインド駐在中のあれこれをまとめてみました。インドだけではなく、周辺諸国でも見聞を広めることができ、非常に有意義な経験ができました! 日本にいるより大変なこともたくさんありましたが、なんだかんだ若いうちにインドで1年過ごすことができ、良かったなと思ってます。たくさん学びましたし、人生観も変わりましたし。

こんな感じで、ずっと一つの場所にとどまっているより、住む場所を変えつつ、その周辺も巡っていくような人生もいいですね^^

以下、インド駐在関連書籍もご紹介しておきますね〜

 

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

ピックアップ記事

  1. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  2. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について
  3. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  4. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで

関連記事

  1. アメックス

    【SPGアメックス】マイル高還元で高級ホテル無料宿泊特典・上級会員資格までつく神カード

    アメックスゴールドカードを作ってみてから、アメックスで日常も余暇もワン…

  2. India

    駐在員御用達!南インド・チェンナイの日本食レストラン5選

    私が駐在しているチェンナイは、そこまで国際色豊かな街ではないです。基本…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

LINE@!

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

Twitter

  1. India

    トリヴァンドラムの街並み ケーララ州都で南インド文化との触れ合い
  2. Thailand

    チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  3. Myanmar

    ヤンゴン散歩 ASEAN最後のフロンティア最大都市の見どころ
  4. India

    東のシリコンバレー プネ(Pune)Lemon Tree Hotelの中編
  5. Laos

    ヴィエンチャン郊外世にも奇妙な”聖地”シエンクワン(ブッダパーク)
PAGE TOP