合気道

大学の体育会系は就活で有利?早稲田の体育会に所属して感じた7つのメリット・3つのデメリット

「体育会系は就職に有利らしい」という認識(推測?)は日本人の多くが持っているんじゃないかと思います。体育会にも大きく分けて下記3つのレベル感があり(筆者によるカテゴライズ)、一般的な体育会のイメージであろう①②について私の所感を書いてみます。私が所属していた早稲田の合気道部は②です。

  1. オリンピック種目など比較的メジャー競技で日本代表候補が何人もいるような部
  2. ①ほどではないものの学生時代に本気で何かに打ち込みたい学生が集まる部
  3. ちょっとしっかりしたサークル程度の部

体育会のメリット1: 体力がつく

言わずもがなです。程度の差こそあれ体力がつかなきゃ体育会じゃないでしょう。

一つ私の例を挙げます。数ヶ月前に2年ぶりくらいに現役生に混じって稽古に参加した後、筋肉痛が5日続きました・・ 3時間練習で、投げ込み稽古や乱取り稽古といった最も辛い稽古は横で見ていただけなのですが、このザマです。特に普段意識しない背中が辛かったですね。現役時代は平気で?1日多い時で数百回もとっていた受け身だけでも、相当体力を使うのです。

体育会のメリット2: 精神力(根気)がつく

これも言わずもがなですね。体育会の練習がひたすら楽しいという人は極めて稀です。というか聞いたことありません。特に合宿は逃げられないので、どんなに肩で息しようとも、多少関節が痛かろうとも(ドーパミンが出ているので稽古中はあまり感じない)、決まった時間はやりきる精神力がつきます。そこまで頑張れたのは、体育会という独特な集団の洗脳にかかっていたとも言えます(笑)

蛇足ですが、根拠のない精神論で無茶苦茶にやるという意味ではなく、(体力的に)厳しい練習をやりきる過程で精神力がつくという意味です。理不尽な暴力・暴言に耐えなきゃ行けないような団体は問題です。

体育会のメリット3: 上下関係を学ぶ

私があまり好きなものではないのですが、一般的に日本社会で生きていく上で必要なのが上下関係です。合気道部では理不尽な上下関係はなく、やるべき作法?(先輩が通るときはかかとを揃えて一礼とか、食事中は先輩のコップ・お椀が飽きそうだったらおかわりを聞く、とか)にもある程度理由があったので、自分なりに納得できましたし、部活で身につけたものが社会人になった今でも活きています。

上下関係を義務と捉えるのではなく、目上の人への「おもてなし」だと思うと、案外腑に落ちます。

体育会のメリット4: 誇れるものができる・特技が身に付く

曲がりなりにも体育会でやってきたことは誇っていいことですし、どんな競技であれ立派な特技が身につきます。日常披露する機会はないですけどね(笑) 特に武道は黒帯とか〜段とか、競技の成績だけではない客観的な資格も取れるので話のネタにはいいでしょう。

合気道は特に、体の構造を把握して技をかける武道なので、自分の体の作りなども部活を通して学びました。部活外ではありますが、筋トレをするときの技術や知識(栄養面含む)も多少は身につきましたね。

体育会のメリット5: 大学の名を背負うという経験ができる

大学の名を背負うということはあまり多くの人が経験できるものではありません。それだけ責任も重大ということではありますが、この緊張感は経験した人にしかわからないでしょう。

体育会のメリット6: 金銭的・物的支援に恵まれる

大学の名を背負っているということで、大学から金銭的補助があったと思います。またOB/OG会からの金銭的・物的支援もあります。お金のない学生にはありがたいことこの上ないです。

体育会のメリット7: 自分に自信がついた結果、就職も有利になる(はず)

「体育会系というだけで就職に有利」とは今どきあまり言えないんじゃないかというのが私の実感です。早稲田の野球部やラグビー部などの超一級の大学スポーツで注目を浴びるような部の部員には、大手有名企業の枠が用意されているなんて噂もありますが。就職に成功している人は、体育会かどうかに関わらず、自分のしてきた活動に自信を持ち、しっかりアピールできる人でしょう。私はアピール下手だったからか、体育会アピールしても某大手総合商社の面接は普通に落ちました(苦笑)

私の進路はというと、特段商社に行きたかったわけではなく、「体育会でした」とは多分一言も言わずにキャリアフォーラムで2回面接して内定をいただいた、なんのコネもないインド資本のIT企業に就職しました。

ちなみに、それなりに歴史のある部は多くのOB/OGがおり、後輩の面倒見がいい先輩がそれなりのポジションまで上りつめていれば、多少口をきいてくれることはあるでしょう。これは伝統的なサークルでも同じでしょうが。

一つ言える確かなことは、就職目当てで体育会の活動を全うするのは難しいということです。そんなに甘くない。

体育会のデメリット1: 多大な時間を投資することになる(忙しい・拘束が多い)

私が所属していた合気道部の場合は、平日に2時間半、土曜日に3時間の稽古がありました。前後に準備や整理体操、自主稽古などがあるので、実際はもっと多くの時間を部活に費やしていたことになります。ただ、おそらく他の有名な部に比べると拘束は少ないですし、授業優先だったので、週4日くらい来ていれば文句は言われないような雰囲気ではありました。

年から年中稽古があったわけではなく、期末のテスト期間や年末年始などそれぞれ1-3週間のオフがあったので、私はその期間を利用して韓国や東南アジアでバックパッカーをしたりしていました。とはいえ、もっと旅行できたらよかったんですけどね(笑)

その他、部活を優先したため犠牲にしたものは、長期の留学(折衷案として1学期間の留学にした)、公認会計士等の資格取得、長時間のアルバイト(4時間くらいのバイトを隙間時間を見つけてやっていました)、長期インターン、のんびりしたキャンパスライフ etc..

とはいえ、部活で忙しかったとはいえ、勉強等は隙間時間である程度できるので、そこは本人の頑張り次第です。私は英検1級や通訳案内士、タイ語検定、アロマテラピー検定等の資格は、部活と並行して取得できました。(趣味みたいなもんだったので)

でも、長期留学や長期インターンなど、自分の体が道場から長期間離れてしまう活動を部活と並行させるのは不可能です。

体育会のデメリット2: 上下関係はめんどくさいこともある

私はどちらかというとリベラル?な人間なので、とりあえず上に言われた通りに行動するYESマンは性に合わないので、上下関係がめんどくさいことはあります。合気道部の場合は、先輩(特に指導陣)に気は使いますけど、理不尽に何かやらされたりということはなかったので良かったです。体育会にもいろんな雰囲気の団体がいるので、ちゃんと見極めて入部しましょう。

私の代は比較的緩めだったので、後輩もそんなに怖い先輩になっていないようです。

体育会のデメリット3: 怪我が増える

激しいスポーツをしている人は、しない人より怪我をしやすいです。合気道は身体接触の大いにある武道で関節に負荷がかかることも多く、けが人は多かったです。関節の怪我は長引くことも多いので注意が必要ですね。

私も肩の神経がちょっと圧迫されていたり、肘の関節を痛めたりしました。当時は結構キツイ時もありましたが、怪我をしたことによって怪我をしにくいやり方を身につけることもできたので、今はそんなに気になりません。

終わりに

以上が、私の実体験に基づく大学の体育会のメリット・デメリットです。メリット・デメリットは後からまとめればそれぞれいろいろ出てくると思いますけど、人生でおそらく一度きりの大学生活を送っていく中で、その時を有意義に過ごせていれば、メリットもデメリットも正直関係ないです。デメリットがない挑戦はなかなかないと思いますしね!

ぜひ後悔のない大学生活を送ってください! いろんな体験をしてきた私から見ても、体育会での活動は、大学生活のメインの活動(の一つ)とするのにふさわしいと思いますよ。

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

ピックアップ記事

  1. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  2. 留学先・チュラロンコン大学でボランティア活動に参加!タイ人に混じってサラブリの学…
  3. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで
  4. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について

関連記事

  1. 合気道

    私が早稲田大学合気道部で富木合気道を学んだ雑感と武道のすヽめ

    「そういえば、合気道について何も書いてなかったなあ」と思い、今回、私が…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

LINE@!

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

Twitter

  1. Thailand

    バックパッカーとしての原点!初陸路国境越え(タイ-カンボジア)若者よ、旅しよう
  2. Myanmar

    古都マンダレーでサイクリング アマラプラ-ウーベイン橋の夕陽
  3. India

    Villa Maya 牛肉が食べれるインド第2位のレストラン@ケーララ
  4. 長野

    信州安曇野 アルプスを望み大王わさび農場で心洗われよう!
  5. Taiwan

    台湾南の大都市高雄 スクーター・船・自転車で春節前の街巡り 
PAGE TOP