注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

AZ-900(Microsoft Azure Fundamentals)に合格!難易度や試験対策を解説

AZ-900(WindowsでおなじみMicrosoftのパブリッククラウドであるAzureの基礎知識を問う試験)が日本語で受けられるようになりました。

せっかくなので日本語で受けたら、多少読みづらい日本語だったものの、無事合格(835/1,000、700点が合格点)できたので、受験体験記を書いてみます!

まず前提として、私がAZ-900受験を決めた時のスペックをご紹介した後、私の体験上、AZ-900合格のために有効だった勉強方法/試験対策をご紹介します。

AZ-900受験を決めた時のスペック

Azure経験はほぼ皆無

私はIT企業のサラリーマンであるものの、技術に強いわけでなく、Azureもほぼ触ったことはないです。

仕事でAzureの技術者と話すこともあるので、なんとなく「Azureではこんなことができる」くらいのイメージはあっても、具体的なイメージはありませんでした。

クラウドの基本的な概念は理解

IT技術はそんなに好きになれず新人研修の内容も大して頭に入ってきませんでしたが、新技術が創っていくであろう未来には強い興味があり、『図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド』などを読んでいたので、基本的なクラウドの概念なんかは理解していました。

こういった基礎知識はAZ-900受験でも役に立ちましたね!

図解コレ1枚でわかる最新ITトレンド
5

Amazonで見る場合は画像をクリック

こういった最新技術の基本的な概念がわかる本は、IT業界以外の人にもオススメです!(IT関係ない業界はどんどん減ってきているので、もはやマストかも)

それと、一応、応用情報技術者試験には合格しています。

関連記事

ひょんなご縁でインドのIT企業に新卒で入社して3年目の私、2回目の挑戦で応用情報技術者試験に合格しました! 前回は午後試験で数点足りずに落ちて悔しい思いをしたので、ギリギリ(午前: 62.50点、午後: 64.00点)ではあったも[…]

AZ-900の効果的な試験対策は?試験対策特別講座が非常に有用

Microsoftのeラーニング「Azureの基礎」はあまり面白くない

半年くらい前にAZ-900を受けようと思った時は、Microsoftが提供している誰でも利用可能なeラーニング「Azureの基礎」を見て勉強していましたが、全く頭に内容が入らず挫折しました・・

「AZ-900試験対策特別講座」が合格のためには非常に有用

ただ、今回はエディフィストラーニングさんによる「AZ-900試験対策特別講座」を受講する機会があり、そのおかげで大して苦労をすることなく合格することができました!

講座の内容は書いちゃだめなので割愛しますが、この講座を受けて、AZ-900を受験する前に一通り復習すれば、ほとんどの人が7割以上得点できるのではないかと思います。私は講座を受講した1時間後に試験センターで受験を済ませました。

対策講座を受講して受験したら実力以上の点を取れてしまうので、それが学習として良いのかは微妙ですが・・ とりあえず資格は取得しちゃいましょう!

AZ-900はUdemyでも対策可能



Udemyは受講者数3,000万人超の世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインでつないでいます。

Udemyではリーズナブルな価格でAZ-900の試験対策ができるので、利用してみるのもいいと思います!

公式サイト↓

Udemy

AZ-900の難易度は?

技術的難易度は高くないので営業等にもオススメ

Azureに触れていない人でもAZ-900は合格できる試験なので、技術者ではない営業などにもオススメできる試験です。

試験の難易度は、上記の試験対策講座を受けるか受けないかでだいぶ変わり、試験対策講座を受講してしまいさえすれば、Azureをほぼ触ったことのない私のような人でも普通に合格できちゃいました・・

クラウドの基礎知識はあった方が絶対いい

上記の試験対策講座受講以前に、IaaS、PaaS、SaaSの違いなど基本的なクラウドの知識を持っていた方が、AZ-900合格がよりスムーズになります。ちょっと基本的過ぎますが・・笑

制限時間は60分だが20分で回答終了

ちなみに、私が受験した際は、制限時間60分のところ20分ほどで全て解き終わりました。すぐに自分の点数がわかるのもスピーディーで嬉しいです。

AZ-900の価値は?

「AZ-900合格」だけではそれほど価値がない模様

これは私の個人的な意見ですが、AZ-900(Azure Funadamentals)自体にそこまで価値はないものの、合格して損はないかなと思います。

というのも、上記の通り、私レベルのAzure理解度の人間が試験対策講座を受けただけで簡単に合格してしまう試験なので、技術者界隈での価値はあまり高まらないでしょう(技術者として認められるにはその上の試験に受かるレベルが必要でしょう)。

Azureに触れる人が増えるのがMicrosoftの幸せ

あまり踏み込んだ意見は控えますが、MicrosoftがAWSとの苛烈なシェア争いに勝つためのマーケティング活動の一環で、受験バウチャーを積極的に配布して受験者を増やしているのでしょうね。

とはいえ、AZ-900に合格していれば、Azureに興味がある・Azureについて一定の知識を有しているという証明が世界中でできるので、合格できそうなら合格しときましょう!

なぜAZ-900(Azure Fundamentals)を受験したか?

参考程度ですが、私がAZ-900(Azure Fundamentals)を受験した理由についてです。

2019年は仕事でMicrosoftさんと関わることが多く、私は、社内でMicrosoftの資格者を増やす活動もしていました。そんなかいもあり、社内のAZ-900合格者は増えていったのですが、当の自分はAZ-900を受験したこともなく・・そのうち受験してみようと常々思っていました。そんな時にちょうど良い機会があり、受験を決意しました!

ってか、そもそも私は「ある通訳案内士」の名前で旅行記英語の勉強方法とかを書いているのに、本業はIT企業のサラリーマンなんですよね(笑)

終わりに

私はSE採用で就職したのにIT技術者としてキャリアを歩む気になれず(就職ミスりましたね笑)、IT系の資格も取ったことはありませんでしたが、今回初めて資格を取得できたので個人的には満足しています〜

応用情報技術者試験にも合格しましたし、ITアレルギーをだいぶ克服してきました。

応用情報技術者試験に文系が独学で合格した体験記もどうぞ!

関連記事

ひょんなご縁でインドのIT企業に新卒で入社して3年目の私、2回目の挑戦で応用情報技術者試験に合格しました! 前回は午後試験で数点足りずに落ちて悔しい思いをしたので、ギリギリ(午前: 62.50点、午後: 64.00点)ではあったも[…]

最新情報を取得

Microsoftの最新記事8件