注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

インドの治安は実際どう?女性は危険?チェンナイ駐在員が感じたこと

「インドといえば性犯罪」と言っても過言でないほど、日本人はインドに対し「性犯罪大国」のイメージを持っている方も多いでしょう。

実際インドの治安はどうなのか? 南インドのチェンナイに駐在し、デリーやプネ、バンガロール、ハイデラバード等、インドの様々な地域に訪問経験のある筆者が感じたことをご紹介します。今インドにいる人、これからインドに行く人はご参考にしてください!

(一般的に南インドより北インドの方が危ないと言われています。)

関連記事

インド駐在生活について書いた記事が流石に長くなりすぎてしまったので、月々の生活と旅行の記録を別記事にまとめ直すことにしました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://zipanger777.com/[…]

目次

実際インドの治安はどうなのか?-実体験から-

インドの治安が特別悪いとは思えず

結論から言うと、私はインドの治安が特別悪いとは感じません。良識を持って行動し、怪しげな裏路地に入ってみたりとか、深夜に一人で出歩くようなことはしていないので、危険を感じたことはありません。

スリにあわないように、持ち物には気をつけています。

私は今まで20カ国以上旅してきました。その中には、いわゆる先進国と言われる国ばかりでなく、発展途上国も多く含まれています。

特に、南米やフィリピンのマニラでは、銃を用いた強盗が多いと聞いていたので、かなり事前に情報収集して、現地ではいつもより気を張っていました。

そのかいあってか、特に危ない目にあうこともなく、所持金や持ち物を奪われることなく、現在も無事生きています。

危ないと言われるようなところに行ったり、夜間、無用に出歩いたりしなかったので、危険を感じることもありませんでした。

インドですぐに命を奪われることは銃社会のアメリカ等よりも少ないと想定

インドでは、そもそも銃などは一般的でないので、そういった意味では、即、命が危険にさらされるということは少ないと感じています。

ただ、強姦、強盗目的で連れ去られる場合などは、命まで奪われる恐れがあります。そういったことは絶対に避けなければなりません。それはどこの国でも同じですね。

インドで命の危険を感じるのは危なっかしい交通事情

命の危険を感じるとしたら、危なっかしい交通事情です。歩道と思しき道もガンガン車やバイクが突っ込んでくるので、インドの道を歩く時は、視野を広く保ちましょう。

足元も気をつけないと、結構汚いものを踏んでしまう可能性があるので、数十メートル歩くだけでも気が疲れます・・

インドの治安的に女性は一人で行動しても大丈夫か?

やはりインドでの女性の一人行動はオススメしない

女性の方がどうしても狙われやすいのは残念ながら世界の常識

私個人としての結論を言うと、「オススメはしないし、必ずしも安全とは言えない」です。何を当たり前のこと言ってるんだ、って感じですが、やはり男性の一人行動と比べるとリスクが大きくなるので、オススメはしたくないですね。

真昼間の大通りを歩いていて、いきなり連れ去られるようなことは極めて稀ですが、夜や人気のないところは避けましょう。男性も同じです。

女性一人でもタクシーに乗っている人はいる

私の女性の同僚は、夜に一人でタクシーに乗ったりしているので、自分で安全性を見極められるようになれば、可能ではあります。

インドではUberやOlaでタクシーを利用するのが一般的

というのも、チェンナイでは流しのタクシーなどは基本的になく、世界的にも有名なUberとインド版UberのOlaで呼ぶくらいしか、タクシーの選択肢がありません。(ホテルや空港のタクシーはもちろんあります。)

運転手はUberやOla側で管理されていますし、それが収入源の人も多いので、そういった職を失ってまで犯罪に手を染める人は少ないとは思います。

Uberの運転手が事件を起こすこともあることはある

とはいえ、人間、必ずしも合理的な生き物ではなく、Uberの運転手に強姦されたというニュースを聞くこともあるので、女性一人での利用は避けたいところです。女性が被害を届けづらいという事情もあります。

知らない現地人を無防備に信じるのはダメ絶対

親しげに話しかけてくる人がいたらまずは身構えるのがベター

「知らない人にはついていっちゃダメ」

これ、子供の頃に教わることですが、大人になってこの教えを守らず、被害にあってしまうケースが多いようです。

海外で現地の人が親しげに話してきたら、なんとなく嬉しいのは分かりますが、無防備に信用しない方が身のためです。特に外国人観光客が多い場所は外国人を狙った悪い輩も多いと考えられます。

観光地周辺で片言の日本語を使って近づいてくるやつは危険な可能性が高い

特に、観光地周辺で片言の日本語を使って近づいてくるやつは危険人物の可能性が高いです(本当にいい人も中に入るだろうが)。中国だろうがインドだろうが東南アジアだろうが、睡眠薬強盗とかはよくあることみたいなので、気をつけましょう。

豊かな国から来た人は、悪い奴らにとっていい「カモ」である。ということをお忘れなく。

インドではタクシーよりバス等の公共交通機関の方が安全かも

公共交通機関は個室にならない

個室にならない、という点では、公共バスや、乗合バンや乗合オートリキシャの方が安全そうです。デリーの事件のような悲惨なケースがまた起こらないとは限りませんが・・ 

インドではまだまだ男尊女卑な考え方を持つ人が少なくないので、女性は男性より生活しづらいかな、というのが正直なところです。

チェンナイの公共バスは女性と男性で座れるエリアが分かれている

ちなみに、チェンナイの公共バスは、女性と男性で座れるエリアが分かれています。真ん中の線を境に、左側が女性、右側が男性です。女性は右側に座ってもOKです。

信頼できる専属ドライバーがいるなら安心

そもそも、日系企業の駐在員の方々は、専属ドライバー付きの人が多いので、そこらへんは問題なさそうですね。

治安が悪い場所で頻発するスリ等の軽犯罪はインドで多いのか?

私自身気をつけていますし、日本人同僚からも何かスられたという話は聞きません。ちなみに、私が大学時代留学していたタイのバンコクでは、友人が高級モールで、iPhoneをスられたことがありました。

関連記事

私は学生時代の半年間を、タイの首都バンコクにあるチュラロンコン大学で、交換留学生として過ごしました。「なぜタイ??」とよく訊かれます(笑)そりゃそうですよね〜そんな、まだまだ留学先としてマイナーなタイでの留学、特に、私がお[…]

スリに気をつけることを習慣化すべし

日本のような超絶安全な国以外では、スリなどの軽犯罪には日常的に気をつけていなければなりません。気をつけていることを意識しないくらい、気をつけることを習慣化しましょう。

人混みの中では悪質なスリもある

とはいえ、気をつけていてもスられる時はあります。会社のインド人の知り合いは、バスで寝ていたら傘をスられたとか、バッグが部分的に切られて、携帯を盗まれていたとか、悪質なものもあるようです。

ベトナム・ハノイの夜市でも友人がやられていましたが、人のバッグを瞬時に切るなんて、犯人もなかなか勇気あるなとは思います・・ 特にバスの中など、身動きが取れない状況下では、いつも以上に所持品に気を配りましょう。

インドばかり性犯罪大国みたいに言われてるけど他国はどうなのか?

少々目線を変えて、インド以外の国とインドの治安を比べてみましょう。

実はアメリカやスウェーデンなんかも性犯罪大国らしい

インドに限らず性犯罪は通報されづらい犯罪のため、公的なデータは実態にそぐわないケースが多いですが、参考までにこちらの記事をご覧ください。

皆さんもよく旅行や留学、駐在などで行くであろう、アメリカやカナダ、ニュージーランド、スウェーデンなどが性犯罪大国ランキングで上位にあり、驚かれるかもしれません。

インドばかりが性犯罪大国と思われているかもしれませんが、いわゆる先進国でも危ない国はいくつもあります。もちろん、これらの国の性犯罪件数がインドより多いという確証はありませんが・・

治安に関する情報収集を抜かりなくするのがインド滞在・旅行を楽しむコツ!

インドはなかなか冒険しがいがある国ですし、インドに行ったら価値観変わった!という人も多いので、人間としての幅を広げる意味でも、インドを訪れてみることはかなりオススメです!

とはいえ、どんなに良い経験をしても、犯罪に巻き込まれては元も子もないので、しっかりと情報収集をし、安全第一でインドを楽しみましょう。もちろん、インド以外の国に行くときも情報収集は抜かりなく!

インドに長期滞在する際の参考

インドに限りませんが、長期滞在するなら、住民票を抜いておくと、住民税が節税できます。

関連記事

私がインド駐在前にやっておいて良かったなと思うのが、「住民票を抜く」こと。そのおかげで、年間数十万円の住民税を払わずに済んでいます。税金の面ではメリットも大きい「住民票を抜く」という手続きですが、デメリットもあるので、私が調べた住[…]

インド料理が好きな人も、毎日は飽きると思います。そんな時日本食レストランがあると便利ですね。

関連記事

チェンナイ生活で日本食ロスに苛まれている人・・お気持ちよくわかります! 私も1年間チェンナイに駐在し、インド料理が合わなくて非常に苦労しました。今回は、現在進行中でチェンナイで苦労されている人、今後チェンナイに駐在する人や、インドで日本人[…]

インドの銀行とのやりとりはかなりめんどくさいです。駐在される方は頑張ってください。

関連記事

私は現在、インド資本のIT企業日本法人から派遣され、南インドの玄関口チェンナイで駐在しています。年々インド駐在者が増えてきているのか、私が過去に書いたチェンナイ駐在に関する記事には、毎日、検索エンジン経由で訪問してくださる方々がいます。あり[…]

情報量の差は、身の安全にもつながります。余裕があったら、インドの言葉を学んでみるのもいいのでは?

関連記事

「インドの言語を学ぶべきか?」私はインドで生活することが決まってから、今でもたまにこんなことを考えています。今日、近所で髪を切ったのですが、美容師さんと話した時に「俺は西ベンガルから来たけど、タミルナードゥはヒンディー通じないし、[…]

現地語までできればいいですが、まずはインド英語に慣れましょう。

関連記事

ふと、「このブログって、インドのこととか英語のこととかいろいろ書いてきたけど、『インド英語』について書いてなくね?」と気づいたので、インド系外資企業に勤めて早2年半ほど、1年間の南インド・チェンナイでの駐在生活を経て、現在も毎日インド人と日[…]

最新情報を取得