注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

【タイ留学】バンコク・チュラロンコン大学での英語留学がオススメな9つの理由

私は学生時代の半年間を、タイの首都バンコクにあるチュラロンコン大学で、交換留学生として過ごしました。

「なぜタイ??」とよく訊かれます(笑)そりゃそうですよね〜

そんな、まだまだ留学先としてマイナーなタイでの留学、特に、私がお世話になったチュラロンコン大学へ興味を持っていただきたいと思い、この記事を書きます! 何かのご参考になれば^^

以下が、私が思う、「タイ・バンコクにあるチュラロンコン大学での英語留学がオススメな理由」です!

目次

理由①: チュラロンコン大学はタイで最も権威ある大学

チュラロンコン大学とは?

チュラロンコン大学は、タイの現王朝チャクリ朝の偉大なる国王である、ラーマ5世(チュラロンコン大王)の名前から名づけられた大学です。息子であるラーマ6世(ワチラーウット王)によって創建されました。

日本では「タイの東大」とも言われている由緒正しい大学です。そのため、優秀な人材が多く集っています。特に理系の学部や文学部が強いと言われています。

他大学も有名だが権威性ではやはりチュラロンコン大学

タイの他の有名大学には、政治やジャーナリズムで有名なタマサート大学、医学で有名なマヒドン大学などがあります。

それぞれの大学で得意分野があるので、チュラロンコン大学を最高学府と言い切っていいのかはわかりません。しかし、「最も権威のある大学」というのは、客観的に見て正しいのではないかと思います。

理由②:チュラロンコン大学では多様な国からの留学生やタイ人の学生と英語で交流が可能

チュラロンコン大学には世界各国からの留学生が

上記で述べたように、チュラロンコン大学は有名な大学であるため、多くの留学生も集まります。英語でのプログラムも充実しており、多くの学部に、タイ語で学ぶコースと英語で学ぶコースがあります。この点、日本の大学より進んでいますね。

私が留学していたFaculty of Arts(文学部みたいな学部)には、日本や台湾、ASEAN、欧米からの留学生がいました。経済学部には、ヨーロッパからの留学生が多かったようです。

大学に隣接している留学生寮のCU iHouseは多国籍な空間でした!

学生生活はもちろんプライベートも多国籍で楽しめる

私は幸いにも、タイ人だけではなく、様々な国の留学生と関わることができ、普段の学生生活だけではなく一緒に旅行したりと、非常に良い経験ができました。

関連記事

私はタイ留学中にタイ国内外様々な場所へ行きました。仲の良かったフランス人留学生とその友人たちと行ったのが、カンボジア近くの島・チャーン島。全員欧米人の仲一人だけアジア人としてこのチャーン島旅行に参加したのですが、ヨーロッパ人の価値[…]

もし仮に東大や京大に行けなかったとしても、違う国のトップレベルの大学に行けるのはいいですね! 自分の大学では出会えないような、多彩でレベルの高い仲間に出会える可能性が大いにあるのが、各国トップレベルの大学に留学する利点です。

チュラロンコン大学には英語堪能なタイ人学生も多数

英語コースにももちろんタイ人がいます。彼らは留学経験者であったり、帰国子女であったり、インターナショナルスクール出身者だったりします。国際的なバックグラウンドで育ってきた生徒が多いので、英語力は非常に高いです。

留学生だけではなく、そういったタイの学生とも交流しやすいのは、良い点です!「留学しても現地の人とあまり交流できなかった・・」という留学経験者もいるかと思うので。

大学が様々な学生との交流の場を設けてくれる

私が所属していたBALAC(Bachelor of Language and Culture)というコースでは、学部でBALAC Tripというものを1学期間に3度も行ってくれて、授業が違う人とも楽しい時間を過ごせました!

ボランティア活動も参加自由

ちなみに、私の場合は幸運にも、英語コースではない一般コースの文学部の友人が何人もできました。日本語専攻の学生たちもいます。スポーツやボランティア活動、日頃の遊びを通して仲良くなりました。

私は、バンコクからバスで3時間くらいのところにあるサラブリの小学校で、子供たちに英語を教えるとボランティアに2泊3日で参加しました!(私以外みんなタイ人)

関連記事

私が留学していたタイ・バンコクのチュラロンコン大学 Faculty of Arts(文学部みたいな学部)で、 小学生向けの英語教育ボランティアが募集されていました。私は、現地の生徒に混じってボランティア活動したら楽しそうだなと思い[…]

英語や日本語に堪能な学生が多かったので、ありがたかったです。さすがチュラロンコン大学の文学部! 日本の文化祭や、韓国の伝統芸能を紹介するイベント等も開催されており、タイでの留学を通して、様々な文化への理解が深まりました。

理由③: チュラロンコン大学における英語での少人数授業で英語力・発言力が身につく

少人数授業で学力が大幅に伸びる

私がチュラロンコン大学で履修した授業は、比較的小規模でインタラクティブな授業が多かったです。少なくとも日本の大学での授業より、先生や他の学生と距離の近い授業が多かったです。特に語学の授業は効果的だったと思います。私はスペイン語とタイ語の授業を履修しました。

タイ語は耳に心地の良い私の好きな言語です!

関連記事

最近は、日本人学習者も増えてきたように思われるタイ語。私はひょんなことからタイに留学することになり、それ以来、この奇妙で美しい言語との付き合いが始まりました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://[…]

ただ少人数なだけではない楽しいチュラロンコン大学の授業

先生方が工夫して、授業で歌を歌ったり、ビデオを作ったり、会話発表をしたりと、積極的に言語を学べました。

東南アジアの文化を学ぶ授業では、綺麗な劇場でタイのストーリー仕立ての伝統舞踊を見ました(日本で言えば歌舞伎みたいな)。古典タイ語なので、内容はタイ人でもよくわからなかったようですが(笑)

理由④: チュラロンコン大学でのキャンパスライフの醍醐味-まるで高校のような活発な学校行事・クラブ活動

チュラロンコン大学では学部ごことの新入生イベントも

私が留学生活を始めた8月は新入生歓迎の時期だったので、チュラロンコン大学全体でイベントがありました。学部ごとによるものです。高校の体育祭・文化祭のように、新入生が学部ごとにパネルを作ってパフォーマンスしていました。しかも、会場は大学の大スタジアムなので、素晴らしい舞台でした!

学部対抗のスポーツイベントもあり、私のような留学生も参加させてもらいました。練習や本番の試合を通してタイ人の友人もでき、楽しい留学生活のスタートを切ることができました!

様々なクラブ活動も活発

クラブもたくさんあり、私は早稲田大学で合気道をやっており、武道に興味があったことから、合気道クラブと伝統武術クラブに行ってみました。どちらも和気あいあいとしていて楽しそうでした!

理由⑤: タイ留学なら学費や生活費がかなり安く抑えられる

タイは学費も生活費も、日本よりかなり安いです。私が18歳の時にもっと広い視野をもっていたら、日本の四年制大学には行かず、直接タイの大学を目指していたかもしれません。タイで4年間生活するという経験に加え、専門性を英語で身に着けられますからね!コスパいい・・

物価の安い国に行くと、日本で受けるサービスと同等レベルのものが、もっと安く受けられるので、毎日ハッピーです(笑) チュラロンコン大学の学食なら、1食200円もあれば十分なので、贅沢しなければ食費は一か月で20,000円もかかりませんね!

理由⑥: タイ国内・周辺諸国は見所たくさん

東南アジアでのバックパック旅はオススメ

安いといえば、周辺諸国含め交通費や宿泊費も安く、タイ国内外問わず色々な場所へ旅に出ました。

私のバックパッカーとしての最初の本格的な旅は、バンコクから電車とバスを乗り継いで、カンボジアのシェムリアップへ行ったものです。旅してよりよくわかりましたが、東南アジアは非常に魅力的です。

関連記事

己が持つ知力・体力・気力を思う存分使って旅をする・・ 生きてる!って感じしませんか?? (改めて読むとまだまだ青いなと思いますが、)これは、全ての人に送るバックパッカー旅のススメです^^私が始めてバックパッカーっぽいことをしてみて[…]

留学中は存分に見聞を広めよう

その他、タイ国内外問わず、4ヶ月半の留学期間をフルに活用して、いろいろな所に行き、見聞を広めました。

私が留学中やその後にタイやその他東南アジア諸国で旅した記録は、このブログやトリップノートというWebメディアにいろいろ書いてあるので、興味があれば参考にしてみてください!

トリップノート

トラベルライター・ある通訳案内士さんが実際に訪問して体験した世界中、日本中の旅行記事です。…

理由⑦: チュラロンコン大学は大都市バンコクの中でも立地が良い

チュラロンコン大学近くのサヤームはおしゃれスポット

チュラロンコン大学は、日本で言えば青山学院大学のような立地で、サヤームという渋谷のような賑わいを見せる地区の近くにあります。繁華街というだけでなく、様々な高級モールもあり、なかなかオシャレな場所です。

トリップノート

発展を続けるタイの首都バンコク。これでもか、というほど、様々なショッピングモールを楽しめる街でもあります。ごちゃごちゃし…

CU Popバスというピンクのバスが、大学とサヤームを巡回しています。

バンコクではほぼ不自由ない生活が送れる

私が暮らしていた、CUiHouseという留学生用の寮は大学に隣接していたので、とても便利でした。買い物や食事はもちろん、映画などのエンターテインメントでも困ることはありません。大自然に囲まれた学生生活を送りたいという人にはオススメしませんが、利便性が大事!という人にはオススメです!

郵便局も大学内にあり、ここから日本へ、ゼミ選考の書類を送ったこともありました。

このバンコクの便利さと、のちに駐在することになった南インドのチェンナイのギャップはかなりのものでした・・

理由⑧: チュラロンコン大学には食堂がたくさんあり学食が美味しい

先ほどもコスパの面で少し触れましたが、チュラロンコン大学は各学部に学食があり、学食総選挙もあるくらい、学生や周囲の人に愛されています。

チュラロンコン大学の学食は、美味しいし品数も多いし、何と言っても安い! 授業がなくてもご飯を食べによく大学へ行っていました。

お昼時には学食で友人と談笑するのが日課となり、様々な国のことを学んだり英会話力を伸ばすこともできたので、学食様々です。

理由⑨:バンコクは日本語での医療も充実

海外に住むとなると、医療水準も気になるところですよね? でも、バンコクは世界でも日本人向け医療が充実している国なので安心です!

私は留学中に一度、バンコク病院という私立の大きな病院のお世話になりましたが、全て日本語で診察してくれて、とても安心でしたよ。

関連記事

私はタイのバンコクにあるチュラロンコン大学に留学していたのですが、留学中、あまりにも体の不調が続くので、一度バンコクの大きな病院であるバンコク病院に行ってみたのでした。[sitecard subtitle=関連記事 url=htt[…]

番外編:チュラロンコン大学には美女が多い??

男性は気になる話題でしょうか(笑) タイ人女性は日本人好みの顔が多いと思うので、タイ人美女とお近づきになりたい方にも、チュラロンコン大学をオススメします。もちろんかっこいいタイ人男性も多いので、女性にもオススメです!

チュラロンコン大学では、私の通っていた文学部で9割が女性、女性が少なそうな工学部でも4割ほどが女性と、利発な女性が多いようです。暑いから男はあまり勤勉じゃないとか・・

タイの大学は制服があるので、日本の大学とは違った雰囲気のキャンパスライフが待ってますよ~

終わりに

以上、「タイの・バンコクにあるチュラロンコン大学での英語留学がオススメな理由」でした。人気な英語圏や欧米への留学もいいと思いますが、タイも良い留学先ですよ!

その他大勢とは一味違った留学生活を送りたい人は、一度、タイ留学の可能性も考えてみてくださいね^^

こんな体験記を読んでみると、イメージがもっと湧くかなと思います!

バンコク子連れ留学―タイにはまってタイ語習い、一家四人七カ月のビッグホリデー
4

Amazonで見る場合は画像をクリック

より良い留学のための参考情報

参考①:留学前/留学中に英語力を高めたい人へ

日常英会話力を効率良く高めたい人にはスタディサプリ

留学前、あるいは留学中に日常英会話力を効率良く高めたい人には、スタディサプリというアプリもオススメです! スキマ時間で楽しく日常英会話を学ぶことができます。

関連記事

「スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)」という、いつでもどこでも簡単に英会話が学べる、進化した英語アプリがリリースされました!気になっている人も多いのでは?今回は、英検1級や通訳案内士試験に一発合格した私が、[…]

オンライン英会話もオススメ

「スタディサプリもいいけど、やっぱり人と話したい」という人には、オンライン英会話がオススメです。

オンライン英会話ならリーズナブルな価格で、毎日英会話を練習できますよ! 無料体験できるものも多いので、いくつか試してみるといいですね。

関連記事

英語を勉強したいけどお金はあまりかけたくない・・そんな人は多いと思います。そんなあなたの強い味方が、今やたくさんのサービスが乱立しているオンライン英会話。オンライン英会話は他社との価格競争があるので、利用料が比較的安くなっ[…]

私が英検1級や通訳案内士に一発合格した勉強方法

参考②:留学生活をコスパ良く過ごしたい人へ

マイルを効率良い貯めて安く旅行に行く方法

最新情報を取得