注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

マニラでスラム街ツアーに参加してみた-【実録】フィリピン格差社会の現実

スラムに行ったことありますか?

スラムって、危なそう、汚そう、近寄りたくない・・という印象を持っている人が多いと思いますが、実際のところどんな場所なのでしょうか。私はフィリピンの首都マニラに行った際、スラムツアーに参加してみました(ツアーでないとスラムに入っちゃダメとのこと)。

マニラのスラムに興味がある人向けに、今回は、スラム街ツアーに参加してスラムへ足を踏み入れた体験をご紹介します。

まずはマニラに到着した時の話から。

マニラは治安最悪?空港に深夜着してしまった

ニノイ・アキノ空港はちょっと汚め。治安は普通か

フィリピンの首都マニラへ。 価格最優先で深夜便。 治安が悪いと言われるニノイ・アキノ空港へ深夜着。

タイ留学を経験し、散々東南アジアに行ってきた私からすると、ニノイ・アキノ空港は他の東南アジアのメイン空港と比べたら、 多少汚いくらいで、 そこまで治安が悪いという印象は受けませんでした。

関連記事

私は大学時代にタイの首都バンコクにあるチュラロンコン大学で交換留学を経験し、その時からバックパックで東南アジアを旅するようになりました。月曜日に授業を入れていなかったので三連休を活用したり、試験前後の休みを利用したりして、陸路やLCCで旅に[…]

マニラ自体は比較的危険だと思います。銃を使った犯罪もよくあるそうなので。

日本在住フィリピン人のおばちゃんに声をかけられる

実は日本でチェックイン時に声をかけてくれた、日本在住のフィリピンのおばちゃん。マニラ着後 「ホテルまで親戚に連れて行かせるよ!」と言ってくれたので、 お言葉に甘えちゃいました。

疑う気持ちもありましたが、 そこらへんの流しのタクシー拾うより安全かなと。

結果、親切に連れて行ってくれたので、感謝! おばちゃん、疑ってごめんなさい。

泊まったのはKABAYAN HOTEL。ドミトリーもリーズナブルな値段で、居心地は悪くなかったです。ご飯は美味しかったですよ。

いよいよ翌日はスラムツアー。

ガイドとともにマニラのスラム街を歩く

スモーキーツアーズのスラム街ツアーに参加

そして、マニラに来た目的である、 スモーキーツアーズのスラム街ツアーに参加しました。

なんでスラムに行こうかと思ったのか? 興味本位と言えばそうなのですが、 有名なフィリピンのスラムに、 一度足を踏み入れ、 現状を見てきたかったからです。

スラムには許可がないとは入れないらしく、 というより、 ガイドなしだと危険だということで、 評判の良い、SMOKEY TOURSのツアーに参加することに。

指定されたJolibeeで待ち合わせ。そこでツアーの説明を受けました。 Jolibeeとは、蜂のマスコットが目印の、 マニラのそこら中にあるチェーンのファストフード店です。

乗合トラックとトゥクトゥクっぽい乗り物を乗り継いでスラムへ

ガイドはベテランの女性でした。他に参加者がいなかったので、プライベートツアーに! ラッキーですね。乗り合いトラックと、 二人乗り版のトゥクトゥクのようなものを乗り継ぎ、 スラムまで行きます。

スラム周辺は当然ではあるが汚い

スラム周辺は、そこまで異臭などはしませんでしたが、 異様な空間であることに変わりはありませんでした。

川はごみだらけだし、 ごみの分別場はたくさんあるし、 裸の子どもが道端で用を足したりしています。 川のごみなどは、 政府の怠慢でそのままになっているそうです。

スラムでの写真撮影は禁止

ちなみに、スラムの人々の尊厳を守るため、 写真撮影は禁じられていたので、 写真はありません。

スラムには子供がたくさん-学校もあり

ガイドの先導で、スラムの中に入っていきます。子どもが多いです。当たり前ですが、こちらに好奇の目線を向けてきます。

本当に何もないかと思っていましたが、 子どもがパソコンでFacebookやYouTubeを見ていて、 意外といろいろあるんだなと思いました。スラム内にはちゃんと学校もあります。

リサイクルフードは衝撃的

このツアーで一番衝撃的だったのが、 「リサイクルフード」 です。

屋台があり、ちょっと覗いてみると、 大きな鶏肉の入ったスープが作られていました。 見た目は普通です。 ガイドの人が説明してくれたのですが、 これは、Jolibee等のファストフード店から、 食べ残しが送られてきて、 調理し直されたものらしいです。

だから「リサイクルフード」

食べ残しを活用しているところはすごいと思いますが、 私は正直食欲がわきませんでした・・

ガイドと一緒に墓地スラムを歩く

墓地に人が住み着いてしまいスラム化

違う日には、同じSMOKEY TOURSの、 Cemetery Tourにも参加しました。

Cemeteryは大きな霊園です。 フィリピンのお墓には、家のような形をしているものがあります。そこに貧しい人が住み着いてしまったんですね。

今度は大学生のガイドでした。 まだ学生ですが、説明がすごくうまかったです! (私も通訳案内士として見習いたい) 様々なお墓を見るのは興味深かったですが、 こんなとこにも人が住んでいると考えると、 複雑な気持ちになりますね。

フィリピン(マニラ)の格差社会はなかなかのもの

高級モールもスラムも同じ街に

マニラは格差社会です。 高級住宅街や、高級モールもたくさんありますが、一方でスラムで暮らす人は多く、政府も有効な施策を実行できていません。

いつまで格差は続くのでしょうか。 もっと格差が広がるのでしょうか。 その国にとって理想的な発展の形とは何なのだろうか、と考えます。今後、政府や民間団体が、社会をより良い方向に持って行ってくれることを期待します。

これは他の東南アジア諸国やインド等、多くの国にも言えることですね。

日本にもフィリピンからの出稼ぎは多い

日本にも、フィリピンから来る出稼ぎ労働者は多いですが、彼らが安心して母国で働けるようになったらいいだろうなあと思いますね。

リトルマニラと言われる東京都足立区竹ノ塚には、多くのフィリピン人が住んでいて、私も実際に彼らから話を聴いて来ました。

関連記事

友人二人と、東京メトロ日比谷線が通る街、足立区竹ノ塚へやってきました!ここに来た目的はずばり「フィリピンパブ」。「リトルマニラ」と呼ばれるほどフィリピンパブが密集している竹ノ塚で、フィリピンパブデビューを果たしに来ました![…]

終わりに

フィリピンのスラムに初めて行ってみて、予想よりは人間らしい暮らしをしているようにも見えましたが、マニラの格差がバンコクの格差のように大きなことを実感しました。

日本は資本主義国の割に社会主義の理想に近い、と聞いたことがありますが、社会保障がここまで整っている日本は、 経済的・社会的発展の成功例なのかなと思いました。もちろん、日本社会もたくさんの闇を抱えているのでしょうが・・

私たちも、フィリピンの現状を対岸の火事として捉えるのではなく、しっかり現実を知るべきですね。

最新情報を取得