注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

【Tara Books】インド・チェンナイの世界的絵本出版社が凄い

私が駐在していたインドのチェンナイには、Tara Books(タラ・ブックス)という小さな絵本の出版社があります。

何か国語にも翻訳されたり、2017年『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』が板橋区立美術館で開催されるなど、日本でも注目されているTara Books。

今回は「奇跡の出版社」とも言われるTara Booksの魅力をご紹介します!

Tara Booksの絵本はハンドメイド

ハンドメイド絵本の魅力

Tara Booksの絵本はオフセット印刷のものも多いですが、ハンドメイドの絵本がやはり評判です。

例えば、8カ国語に翻訳され、英語版だけで発行部数は1万部を超えた『夜の木』(原書『The Night Life of Trees』)は、紙漉きから印刷、製本まですべての工程がハンドメイドなのです!

夜の木
5

手漉きの紙のしっかりした手触りや、本を開くと漂うインクの香り、鮮やかな色合いなどなど、私たちが忘れてしまった、あるいはまだ出会ったことのない絵本の魅力がぎっしり詰まっています。

Tara Booksで生み出される絵本は芸術品

Tara Booksで生み出される絵本は、職人たちの手で作られる芸術品です。

同じ絵本なのに、一冊ずつすべてが違うものなんですよね。Tara Booksのハンドメイド絵本にはすべてシリアルナンバーが付けられているので、作った人にも読者にも特別な絵本なんですよね。

インド少数民族の芸術が詰まった絵本

私もTara Booksの存在を知るまで驚くほど意識しなかったのですが、インドには多くの少数民族がいます。

そんなゴンド、ワルリー、パタチトラ、ポトゥアの人々の民俗画は、インド各地に古くから伝わってきたものの、長らくインド社会から忘れられてきました。

しかし最近ではTara Booksの注目もあり、彼らインドの少数民族の民俗画の価値が再認識されてきているようです!

私は日本でも国外でも、少数民族の独特な芸術や工芸に大変興味を引かれるので、インドを離れる前にこのTara Booksの絵本に出会えて良かったです!

関連記事

先日、「恐竜博2019」目的で上野の東京科学博物館に行った際に、【アイヌと北海道に住む生き物たち】というちょっとした特別展示を見ました。そこで、「ウポポイ(民族共生象徴空間)」という、なんとも文化人類学好きな人間の心をくすぐるよう[…]

社会問題を率先して扱う絵本

強い思いのこもった作品に心惹かれる

Tara Booksの絵本は芸術性に富んでいるだけでなく、社会問題を率先して扱っています。

インドのストリートカルチャーから、戦争や災害、環境などの社会問題、インドの古典やギリシャ神話などクラシックなテーマの再構築など、扱うジャンルは大変幅広いです。

何か訴えかけようという強い思いのある作品には自然と心惹かれますね!

絵本の概念を覆す形状

また、テーマによって絵本が蛇腹状であったり、輪っか状になっていたりと、本の概念を打ち破るような絵本があるのも面白いです。

Tara Booksは日本でも注目されている

冒頭の通り、2017年『世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦』が板橋区立美術館で開催されたり、静岡県のベルナール・ビュフェ美術館で巡回展が開催さたりと、Tara Booksは日本でも注目されてきています!

日本では、タムラ堂から『夜の木』や『世界のはじまり』、河出書房新社から『水の生きもの』等が日本語で出版されています。

世界のはじまり
5

水の生きもの
5

2017年には『タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる』(玄光社)という本も刊行されています。

タラブックス インドのちいさな出版社、まっすぐに本をつくる
5

Amazonで見る場合は画像をクリック

チェンナイのTara Booksは良い雰囲気

出版社の社長にTara Booksの存在を教えてもらった

Tara Booksのお店はチェンナイの中心地から車で1時間くらいのところにあります。

知り合いの出版社の社長から、「君、チェンナイいるよね、Tara Booksの絵本を何冊か買ってきて」と言われてTara Booksという存在を知り、実際にお店へ行ってみることにしました。教えていただいてラッキーでした!

インクの香りと太陽の光で満ちているような店内

Tara Booksの店内はインクの香りと太陽の光で満ちているような良い雰囲気で、座ってゆっくりと絵本を読むスペースもあります。

様々な言語に翻訳された絵本が置かれてあり、Tara Booksが世界的にも有名な出版社なのだと実感しました。

絵本とポストカードを購入

私は印象が良かった絵本を3冊(2冊は依頼主、1冊は自分用)購入し、配るお土産用にポストカードを購入しました。やっぱデザインがいい!

Creation – Handmade Cards
5

チェンナイ の店舗で買うと定価のに割引らしく、インドの物価的にはかなり高かったものの、お得にお買い物ができました。

終わりに

以上、私が書こう書こうと思っていて書いていなかったチェンナイのTara Booksについてでした!

日本語訳もされているので、是非お手に取ってみてください。

Tara Booksの魅力を存分に味わうなら、チェンナイ の店舗に行くのがオススメ!

最新情報を取得