注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

韓国から北朝鮮に一瞬入国!?板門店ツアーで北緯38度線の雰囲気を感じる

今回は、韓国に行った際に参加した板門店ツアーについてお伝えします!

北緯38度線の雰囲気を感じたり、韓国から北朝鮮に一瞬入国できたり、北朝鮮産のお土産を買ったりできる、比較的参加しやすいディープなツアーです。

板門店ツアーで韓国から北朝鮮に一瞬入国できる!?

社会の教科書やニュースでたびたび目にし、耳にする北緯38度線。朝鮮戦争の休戦ラインですね。

実は、北緯38度線上に位置する板門店に韓国側から向かい、北朝鮮に数メートル入国(足を踏み入れるだけで、スタンプが押されるわけではない)できるのです!  そういったツアーが、ソウルから頻繁に行われています。

英語のツアーと日本語のツアーを比較しましたが、 日本語のツアーの方が安かったので、 日本人も多く参加しているみたいです。

私はネットでツアーを予約し、 当日、指定されたロッテホテルに集合しました。 周りは日本人ばかりですし、異国感は車線が反対であることくらいでした(笑)

荒野を走るバスで北緯38度線の超戦争休戦ラインへ

昼休憩でプルコギ

バスは北朝鮮との休戦ラインに向かって走っていきます。途中で昼休憩があり、プルコギを食べました。

北朝鮮の人々の生活はどんなものなのだろうか

広く整備された道をどんどん北へ向かっていきます。 この広い道は有事の際を見越して造られているそうです。 そう聞くと、緊張感が高まります。

解説を聴きながらあたりを見渡すと、 遠く向こうに広がる北朝鮮の大地が見えてきます。2月だったということもあり、寒々と荒涼としている景色が見えます。

北朝鮮は貧しいと聞くけど、彼らはどんな暮らしをしているのだろうか・・

板門店独特の雰囲気を感じる旅

私が板門店に来てみたかった理由の一つとして、国境の独特な雰囲気が好きということがあります。タイとカンボジアの国境や、タイとラオスの国境マレーシアとシンガポールの国境ペルーとボリビアの国境を陸路で超えたのはエキサイティングな思い出です。

関連記事

己が持つ知力・体力・気力を思う存分使って旅をする・・ 生きてる!って感じしませんか?? (改めて読むとまだまだ青いなと思いますが、)これは、全ての人に送るバックパッカー旅のススメです^^私が始めてバックパッカーっぽいことをしてみて[…]

この板門店は国境ではないですが、きっと独特の雰囲気を持っているはずです。

とうとう目的地・板門店の青い建物へ

板門店に向かう前に誓約書にサイン

板門店の方に近づくと、 JSA Visitor Centerに連れて行かれ、板門店についての映像を見せられました。

そして、注意事項を聴き、誓約書にサインすることになります。 何か非常事態が起こった時のためです。こういった場所はあくまで自己責任で行きましょう、ということです。

板門店の雰囲気はピリピリ

いよいよあの青い建物へ。内部に入る前に、向こう側の北朝鮮の兵士が見えました。 頻繁に観光客が来ると言えど、 とてもピリピリした空気が感じ取れます。

板門店を守っている兵士は相当なエリート

韓国側でこの地方を守る兵士はとてもたくましく、 相当なエリートだそうです。 休戦ラインを守っている兵士は称賛されますが、 その分厳しい環境に身を置かなければなりません。

彼ら兵士は直立不動なので、観光客が勝手にツーショットを撮ったりしています(笑) 怒られたりはしません。

朝鮮戦争休戦ラインを越えられる

水色の建物の中には机があり、 黒い目印があります。 この目印を結ぶ線が、朝鮮戦争の休戦ラインのようです。

建物内ではありますが、 そのラインを飛び越え、休戦ラインの北側、すなわち北朝鮮に足を踏み入れることができます。踏み入れたからといって、何かあるわけではありませんが・・

北朝鮮土産も

一通り見学が終わると、 お土産屋さんに案内されます。案外平和でした(笑) 板門店グッズや、北朝鮮のお酒なんかが買えます。

北朝鮮の製品はなかなか買う機会もないので、お土産に買っていくのもアリ!

終わりに-板門店見学後はバスで無事ソウルへ帰還

特に何事もなくバスに乗り、ソウルへ帰りました!

板門店はものものしい雰囲気こそあれど、平時は普通に観光地でした。今後どうなるのでしょうか・・ 

南北融和したらいいと思いますが、朝鮮半島統一が達成されると、東アジアのパワーバランスは全く違うものになり、日本人にとっても、大きな歴史の転換点となりますね。

最新情報を取得