注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

【タイ-ラオス】鉄道&バスで陸路国境越え!ヴィエンチャン観光も

今回は、タイ留学中のテスト休みを利用して行ったラオス旅についてです!

バンコクのフアランポーン駅 (日本で言う東京駅みたいなターミナル駅)から、 ラオスとの国境の町ノーンカーイまで行き、そこからバスで国境を超えてラオスに入国した話とヴィエンチャン観光についてご紹介します。

関連記事

私は学生時代の半年間を、タイの首都バンコクにあるチュラロンコン大学で、交換留学生として過ごしました。「なぜタイ??」とよく訊かれます(笑)そりゃそうですよね〜そんな、まだまだ留学先としてマイナーなタイでの留学、特に、私がお[…]

バンコクからラオス国境付近までは夜行列車あり

木の硬い椅子が嫌なら寝台列車がオススメ

私がラオス行きを計画した際、電車を早めに予約したのに寝台が取れず、 固い木の椅子で夜行を耐えることになりました。しかも、知らない人が目の前に座っているボックス席で、足も伸ばせません・・

(予約が埋まっていたのは、 ちょうど国王の誕生日と重なったからかもしれません。)

乾季のタイ北部やラオスは肌寒い

そして、乾季+北上で夜はなかなか寒かったですね。防寒着を上下もっていくことをオススメします!

タイ側の国境の町・ノーンカーイへ

夜行列車でノーンカーイに着くのは早朝

夜行列車に乗っていたら、朝5時くらいに終点の駅ノーンカーイに着きました。朝早すぎて移動できなかったので、 駅近くのホテルに入り、 ご飯を軽く食べましたね。

ノーンカーイ駅からバスターミナルまではトゥクトゥクで

しばらくしてトゥクトゥクを見つけたので、 国境近くのバスターミナルまで行きました。

このバスターミナルで、国境を越える、かつ、ラオスの首都ヴィエンチャンまで行ってくれるバスを探し、乗り込むことになります。バスの運賃は400円くらいでした。

陸路国境越え①:バスでタイ出国

タイ出国の際にRe-Entry Permitを取らされる

ほどなくして出入国管理事務所へ着きました。

普通に出国しようとしたら、係官に止めれて、 事務所へ連れていかれました。

何事かと訊くと、 どうやらビザが問題らしい・・私は留学するためEducationビザで タイに滞在していたため、Re-Entry Permitを取らないと出国できないと言われました。

以前、カンボジアマレーシア、シンガポールへ 行ったときは、イミグレでちゃんと Re-Entry Permitを取っていたのですが、今回のラオス旅は留学生活の終盤だったので、Educationビザが失効しても、 残りは観光ビザで滞在しようと考えていたのでした。

関連記事

 外国人として異国で暮らすときにめんどくさいことの一つが、 ビザの更新です。 私は留学でタイに滞在していたので、Educationビザを持っていました。Educationビザの有効期限は90日間だったので、その後も滞在する[…]

理由はよくわからないのですが、Re-Entry Permitを取らないと出国できないのであれば、 取るしかないです。4,000円くらいするので、結構痛かったですね・・

もしかして賄賂?

しかも、「今日は国王の誕生日だから500バーツ余計にかかる」とか言われました・・

確信はないですが、いわゆる賄賂ってやつかなと思いました。

めんどくさかったので、払ってしまいましたが、あの係官のなかなかいいお小遣いになったのかな・・

陸路国境越え②:ラオス入国

国境でヴィエンチャン行きのバスに置いていかれる

そんなことはあったものの、 ラオスへ無事入国できました!やった!

しかし、私たちを待ってくれているはずのバスがない・・出国審査で手間取ったので、おいていかれたのでしょう・・

以前も、シンガポールに入国した時、入国審査でちょっと手間取って、 おいていかれたことがあります。

関連記事

タイ留学中にマレーシア人の友人に会いにクアラルンプールへ。その後、クアラルンプール近郊からバスでシンガポールを目指しました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://zipanger777.com/b[…]

陸路国境越えは何があるかわかりません。

トリップノート

南米をめぐるバックパッカーが、よく陸路で国境を越える場所の一つが、ペルー〜ボリビア間の国境です。この国境、なかなかユニー…

無事ヴィエンチャン行きのバスに乗車

国境でバスにおいていかれるのは、 よくあることなのでしょうか・・しょうがないので、別のバスを探すことに。

運良く、ヴィエンチャンバスターミナル行きの バスを見つけました。

素朴なラオスの首都・ヴィエンチャン

まずはラオスの通貨・キップへ両替

ヴィエンチャンでは、ショッピングモールとは言えなくもない商業施設へ行って両替しました。ラオスの通貨はキップと言って、 ヴェトナムドンのように0の数が多いです。

ヴィエンチャンの印象を一言で言えば「素朴」

ヴィエンチャンの印象を一言で言えば「素朴」です。首都ではありながら、タイの田舎町のような風情があり、私は好きです。

ヴィエンチャンは「世界一何もない首都」なんて言われることもあるそうですが、多分もっと何もない首都はあると思います(笑)

ヴィエンチャン観光地4選

ヴィエンチャンで行った観光地を4つご紹介します!

ヴィエンチャン観光地①:アヌサーワリー・パトゥーサイ(凱旋門)

フランスの植民地だったからか、 アヌサーワリー・パトゥーサイという凱旋門もあります。

上に登れるということを知らず、 なんとなく見て終わってしまったので、今度行くことがあったら、 ちゃんと上に登って、ヴィエンチャンの街並みを眺めたいですね!

ヴィエンチャン観光地②:メコン川沿いのナイトマーケット

ヴィエンチャンでは、母なるメコン河沿いでナイトマーケットが開かれます。

夕焼けが母なる大河を照らしていて素晴らしかったです・・

夜市で、友人の誕生日プレゼントに、 ラオスシルクを買いました。ラオスではタイ語が通じるので、英語を話すよりタイ語を話した方が、買い物が安く済む可能性があります!

関連記事

最近は、日本人学習者も増えてきたように思われるタイ語。私はひょんなことからタイに留学することになり、それ以来、この奇妙で美しい言語との付き合いが始まりました。[sitecard subtitle=関連記事 url=https://[…]

メコン川沿いは、 土手になっていて、 黄昏るにはいい場所でした!

ちなみに、後に行った元麻薬密売地帯のゴールデントライアングルのメコン川も、悠久な時間を感じられて良かったです。

トリップノート

素朴なタイの良さを残すタイ北部。1327年にチェンセーン王国の都として建設された「チェンセーン」や、かつて麻薬の密売地帯…

ヴィエンチャン観光地③:タートダム

街中にある巨大な仏塔がタートダムです。剥がれ落ちた表面が歴史を感じさせます。

ヴィエンチャン観光地④:ワット・シェンクアン(ブッダ・パーク)

ヴィエンチャンのバスターミナルから30分くらいのヴィエンチャン郊外になりますが、ワット・シェンクアン(ブッダ・パーク)もオススメです。この壮大なネタ?に感動するかもしれません(笑)

トリップノート

人の手があまり入っていない大自然、素朴な人々と街並みが魅力的なラオス。東南アジア通の中でも、お気に入りの国としてあげる人…

タイっぽいラオスグルメも日本人好み

夕食は定番のフライドライスと、 焼き魚を。ラオスの料理は口に合うし、安い! ラオス好きです(笑)

終わりに

ヴィエンチャンは一国の首都ではありますが、ゆったりとした東南アジアの風を感じます。 ラオス良い国です!

ヴィエンチャンの次は、バックパッカーに人気な山間の観光地である「ヴァンヴィエン」に行きました。タイヤに乗って川下りしたり、滝に打たれたりしました!

関連記事

私のラオス旅の旅程では、ラオスの首都ヴィエンチャンから、世界遺産の町ルアンパバーンへ行くことだけは事前に決めていました。そんな時に、途中にヴァンヴィエンという場所があると聞き、寄り道することにしました。今回はそんなヴァンヴィエンでしたこ[…]

最新情報を取得