Myanmar

ヤンゴンからバガンへ鉄道旅!南から北へミャンマーを体感した18時間

海外を旅する人にも鉄道ファンは多いもので、ミャンマーの鉄道事情を記事にしたら需要があるみたいですね。この記事でイメージをつかんだら、チケット売り場へ!

ヤンゴンからバガンへ鉄道旅

出発前日に、ヤンゴン中央駅から徒歩15分もあるような、 「なんでこんなとこに作ったの」 と言いたくなる券売所で寝台列車のチケットを買います。

ヤンゴンーバガン間は、高速夜行バスで行くのがメジャーですが、私は今回夜行列車を選びました。というのも、 私は、その国の風土を体感できる鉄道旅が好きだからです。バスってずっと高速道路だったりするので・・ あと、道が悪いと酔うので。

また、ミャンマーの高速バスは、

  • 擦り切れたタイヤを放置
  • 大草原を走るやたらくねくねした道

のため、事故ることが多いと聞いたからです。

当時、日本でも大きなバス事故があり、心理的に、できればバスを使いたくなかったのです。 翌日、余裕をもって駅に行きます。

チケットを持ってプラットホームの番号を尋ねると、 訊く人によって二転三転・・ 「おい、はっきりしろよ」 と思うも、しばらく待つことに。

「おそらくこの列車だな」 と思える列車がホームに入ってきたので、 その車掌に確認。 目当ての列車でした。 はあ、一安心。

適当なことを言うのは、 うそつきだからというより、 知らないよ、 と旅行者を軽くあしらうのが嫌なんだろうな、 と思うことにします。よくいるインド人と同じです。

そして出発予定時間ごろ出発。

同部屋は、東アジア人の男性と、 ヨーロッパ人のカップルでした。 電車は途中駅で止まりながらも、 一路バガンを目指します。 最初の1時間くらいはヤンゴン郊外を走ります。 家畜がたくさんいる駅では、 虫がたくさん部屋に入ってきて大変でした(笑) 臭いもすごかったです。

北へ向かうにつれ、田園地帯が広がっていきます。

美しい土地を車窓に見つつ、 そよ風に吹かれる鉄道旅は素晴らしいです。線路のつなぎ目が悪いのか、一定間隔でバウンドしたりもしますが(笑) 寝台は天井が低いので、ベッドと天井(上のベッド)の半分くらいまで体が浮くこともあります。が、そのうち慣れます。

ああ、あの夕陽は美しい!と思ったのも最初の方だけで、 しばらくすると飽きます(笑)

しかも隣のベッドで欧米人カップルが いちゃいちゃしてる・・  それ自体はお好きにどうぞって感じなのですが、 何分やることがない・・

持参していた地球の歩き方とミャンマー語の指さし会話帳を、何となく見て過ごしました。地球の歩き方も指さし会話帳も、豆知識が色々詰まっていて素晴らしいシリーズです!

ほどなくして、日が沈み暗くなります。電気は付けられますが、やることといえば寝ることくらい。 車内で食べ物売ってると思ったら何もなかったので、 結局2食抜きました。 途中で隣のカップルがクッキーを1つくれましたが(笑)

なんとなーく10時間くらい寝たのでしょうか。乾季だということもあり、 夜はダウンを着てもなかなか寒かったです。北へ向かっていることを実感します。

そして、朝起きると、植生が変わっていました!  どんどん北へ進んでいるという事実を車窓にも見ました。まあその植物の生態などは知りませんが、 なんとなくです(笑) とはいえやはり暇すぎたので、 ベッドでゴロゴロします。

世界3大仏教遺跡・世界遺産の街バガンに到着

午前10時くらいにはバガン駅に着きました。

なぜか、携帯充電用にコンセントを設置しているという優しさ。

あ、でも、ミャンマーの電力はあまり安定していなかったので注意してくださいね。一回バチっていったかと思ったら、携帯の充電がいきなり100%になりました。おそらくそれが原因で、私の充電器はお陀仏に・・

私がトイレを探しているうちに、 ほかの乗客はおのおのタクシーに乗り合い、 町の方へ行ってしまい、 私は一人でタクシーに乗ることに・・  タクシー以外だと、どのくらい距離があるかわからない道を歩いていく以外に方法がありません。

かなり足を見られて、 タクシー代は1,300円ほど・・ 「ヤンゴンからバガンに来るくらいじゃねえか!」と思いましたが、 しょうがないので乗ることに。

現地で落ち合うミャンマー人の友人に、 ドライバーから連絡を取ってもらいます。 ああ、SIM買っといて良かった! タイ留学時代に買っておいた、SAMSUNGの携帯電話が役に立ちます。

なんとか友人と落ち合うことができ、 一安心。 ですが、その日は観光シーズンらしく、 手ごろな宿が空いてません・・  とりあえず、友人が泊まっている、 ミャンマー人専用の宿に荷物を置かせてもらいました。

パゴダ(仏塔)だらけのバガン観光

外で馬車をチャーターして、いよいよバガン巡りです! バガンでは馬車も一つの観光の目玉となっています。 友人の案内で、ブランチをし、 いくつも寺を回ります。

夕方には、 夕陽がきれいに見えるという寺院へ行き、 その高い塔へ登りました。 高い所から眺めたバガンは、 いたるところにパゴダ、パゴダ、パゴダ・・

友人が教えてくれましたが、 「目をつぶってどこかを指させば、 そこには必ずパゴダがある」という格言があるそうです。確かにその通りでした。

遺跡周辺では様々な工芸品が売っており、見るだけでも楽しいです。

私はミャンマー人の友人に値切ってもらい、ミャンマー漆の入れ物を買いました。ネイティブスピーカー素晴らしい!

さすがにバガンは有名で、ツアー客も多いです。

新潟県柏崎で使われていたであろうバスも(笑)

ミャンマーは日本の中古車のオンパレードです。

バガンの面白い点は、 遺跡と農耕が共存しているところです。

乾燥していますが、畑が点在しています。 こんなパゴダに囲まれた中で、 遺跡から夕陽を眺めていると、 時の流れがとてもゆっくり感じられます。

心が落ち着いてきます。 ああ、旅してるなあ。 という感じを味わえます。バガンは日の出でも有名なので、 バガンに宿泊する人は、 早起きしてみてもいいですね!

またもや夜行でバガンからインレーへ

結局私は、手ごろな宿をバガンで見つけられなかったのと、 ちょうどインレー行きのバスを予約できたので、 インレーに行くことにしました。バスというよりはバンでしたが・・ 嫌な予感・・(笑)ラオスでヴァン・ヴィエンからルアンパバーンまで、寝台バスを予約していたはずなのに、結果騙されて、マイクロバスで悪路を耐え抜いたことを思い出しました。

友人は一緒に観光してくれて案内してくれただけでなく、ネットを使わせてくれたり、 食べ物をごちそうしてくれたり、本当にいろいろ助けてくれました。

感謝です。

また数日後には、彼の住む街、マンダレーで会えることになっていたので、再会を約束して私はインレーへ。

安堵もつかの間、 これから、ミャンマーの夜行2連続のツラさを、たっぷりと思い知ることになります・・(笑) 夜行バスが嫌という方は、そこまで便利ではないものの、飛行機の国内線もあるので、チェックしてみてください!

終わりに

ミャンマーは、他の東南アジアより、旅の難易度が高いですが、日本人がまだまだ来ていない分、挑戦者たる面白さ、フロンティア精神が少し味わえるかなあ、と思います! 鉄道もうまく活用して、ミャンマー旅を楽しんでくださいね。

トリップノートでミャンマー見どころまとめ記事を書きました↓

ピックアップ記事

  1. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで
  2. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  3. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について
  4. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

Twitter

  1. 北海道

    生物多様性を考えよう!阿寒湖アイヌコタンや虹別コロカムイの会で
  2. エポスカード

    【エポスカード】年会費永年無料で海外旅行保険・優待特典も豊富
  3. China

    上海中心部から一番近い水郷古鎮「七宝」で古き良き中国を感じる
  4. 受験

    英語学習成功の鉄則は「音読→暗唱(丸暗記)」だ!と言える5つの理由
  5. 英語学習

    純ジャパの高1が環太平洋学生キャンプに参加して人生変わった話
PAGE TOP