Indonesia

インドネシア古都ジョグジャカルタ周辺は遺跡も自然も盛り沢山

 

2016/11

 

今回の経験

 

・ボロブドゥールの日の出見れず

・プランバナンの遺跡感

・ゴア・ピンドゥルで5m落下

・パランスクモの砂丘でサーフボード

 

 

ジョグジャカルタ周辺の遺跡と言えば、

世界3大仏教遺跡のボロブドゥールと、

ヒンドゥー教の巨大な遺跡プランバナンですね。

二つはそこまで遠くなく、 ツアーではセットで回ることが多いでしょう。

 

私たちは、宿の近くのツアー会社で予約した、 ボロブドゥールの日の出と、

プランバナン観光が、 セットになったツアーに参加しました。

 

朝4時くらいに出発、 日の出に期待が高まります。

日の出スポットだという丘に登ります。

朝もやに包まれた丘は、 幻想的ではありました。

ひんやりした空気が気持ちいいです。

 

ですが・・

視界が悪いです・・

ボロブドゥールと日の出は見えるのか・・

残念ながら見えませんでした(泣)

雲の下にボロブドゥールがあるはずです・・

きっと・・

 

まあこういうこともありますね!

 

気を取り直してボロブドゥールへ。

学生証をなくさないように家に置いてきたので、 けっこう入場料で損しました・・

試しにタイ留学時代の学生証を出してみたら、

「有効期限切れてるよ」

って言われました(笑)

その通りでございます。

 

インドネシア人と外国人の入場料は、 10倍弱の開きがあるそうです(笑)

東南アジアでは、特に驚きませんね。

 

ちなみにこの前、

インドネシア人のふりをして入場しようとしたマレーシア人が、

捕まってしまったそうです・・

ジョグジャカルタで再開した友人が言っていました。

(参考:インドネシア スルタンが治める街・古都ジョグジャカルタ探訪

 

ボロブドゥールは巨大です。

高い遺跡から見る景色はなかなかのものです。

少し文句を言うと、

夜景を演出するであろうライトが、 ちょっと邪魔かな(笑)

 

遺跡自体はすごかったのですが、 周りが整備されすぎていて、

あまり遺跡感がなかったのが、 個人的には微妙でした・・

 

続いてプランバナンへ。

そんなに遠くないところに、

仏教とヒンドゥー教の大寺院があるというのも、 興味深いです。

こっちはそこまで整備されておらず、遺跡な感じでした。

 

日本の世界史の授業では、1ページでさらっと流されるような、

東南アジアの歴史は、 複雑な道を辿ってきたのでしょう。

 

違う日には、一緒に来た友人の友人で、 ボランティア活動をするため、

当時長期でインドネシアに滞在していた人と合流しました。

 

彼らと私、ドライバーで、ジョグジャカルタ周辺の、

自然を見に行くことにしました。

車はチャーターして、1日で6,000円くらいです。

 

ドライバーは英語もできて、 愛想のいい人でした。

 

まず、ゴア・ピンドゥルへ向かいます。

ゴアは洞窟という意味です。

ここではタイヤに乗り、 洞窟を巡ります。

ラオス・バンビエンのチュービングを思い出します。

(参考:のどかな村ヴァン・ヴィエンへ寄り道 タイヤで川下りとサイクリング

ガイドの先導で、 ぐんぐん洞窟へ入っていきます。

上には、コウモリがたくさんいるようです。

明かりがあまり届かないところも行くなど、 ちょっとアドベンチャラスです。

 

残念だったのは、 前日雨が降り、水が濁ってしまったこと。

本来はとてもきれいな水のようです。

あと、洞窟では蚊に刺されまくったので、 虫対策をした方が快適ですね。

 

ルートの最後の方に、 5mくらいの崖から川に飛び降りれる場所がありました。

もちろん、飛ぶかどうかはオプションです。

私の友人は飛ぶというので、 私も追随しました。

 

下から見ると大したことないですが、

いざ飛び降りようと下を見ると、 足がすくみます(笑)

 

友人がなかなか飛び込んでくれなかったので、

結局、私が意を決してジャンプ・・

お尻から落ちたので、水面に直撃した衝撃が、 体にきます。

なかなか痛いです。

多分、足から落ちた方が、 体本体への衝撃は少ない気がします。

 

痛みは岸に上がるくらいで気にならなくなりましたが、

私の愛用するオレンジ色のCrocsのストラップが、 壊れてしまいました(泣)

水面に当たった衝撃は、やはり強かったようです。

このCrocsは、ラオスへ国境を超える前のバス停付近で、

買ったものだったので、 思い入れがあったのです。

(参考:タイからラオスへ鉄道旅 賄賂?を払っていたらバスにおいていかれる

 

ストラップがなくても履けることは履けるので、 今でも履いたりしますが(笑)

 

ここで昼食を食べ、 サンドボートをしに行きます。

パランスクモの砂丘です。

サンドボードの上に立って滑り降りるのは難しく、

私たちは大体途中で倒れ、 砂まみれになりました(笑)

 

慣れてない人は、座って滑っても楽しめます。

ちなみに、滑った後は、 砂丘を自力で登ることになるので、 けっこう体力使います。

童心に戻れて楽しいです!

 

そして、ドライバーオススメの、 高台へ。

景色がいいです。

ここらへんからは、 グライダーで滑空することもできるそうです。

楽しそうですね!

 

ジョグジャカルタ周辺の自然も堪能し、 気持ち良い疲れを覚えます。

とても良いドライバーと、 旅仲間でした!

ピックアップ記事

  1. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について
  2. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  3. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  4. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

Twitter

  1. India

    東のシリコンバレー プネ(Pune)Lemon Tree Hotelの中編
  2. Myanmar

    古都マンダレーでサイクリング アマラプラ-ウーベイン橋の夕陽
  3. Malaysia

    【ヒルトン】ベストレート保証で最低価格から更に25%オフで宿泊する方法-Hilt…
  4. お役立ち情報

    危険を気にせず公衆Wi-Fiを使う方法!Hotspot ShieldによるVPN…
  5. エポスカード

    【エポスカード】年会費永年無料で海外旅行保険・優待特典も豊富
PAGE TOP