注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

【Webライティング副業】稼げる?ランサーズとクラウドワークスで検証

大手企業社員の副業解禁や、コロナウイルスの影響での在宅ワークで空き時間が出来た人も多いなど、あなたの周りでも副業をする人が増えてきたのではないでしょうか?

そんな中、比較的誰でも簡単に始められるWebライティング副業でお金を稼ぐことができるのか、実際に試してみました! Webライティングとは実際どんな仕事なのか、どんな風に稼いだらいいかをご紹介します。

ランサーズ公式サイト

クラウドワークス公式サイト

Webライティングとは?

Webライティングとはどんな仕事でしょうか? 

私がトリップノートという旅行系Webメディアで記事を書きているのも、Webライティングのお仕事ではありますが、ここでは、大手クラウドソーシングサイトのランサーズとクラウドワークスで発注されている案件の雰囲気をご紹介します!

関連記事

私はこの「ある通訳案内士の旅路」の他に、「トリップノート」という旅行系ウェブメディアに寄稿しています。編集部や読者の皆様に支えていただいたおかげでトリップノートに寄稿した記事が50を超えました! この段階で、個人ブログだけでなくト[…]

安いWebライティングはゴーストライターのような仕事

クラウドソーシングサイト上のWebライティングはゴーストライターのような仕事と考えればいいです。記事のコンテンツが欲しいクライアントのために記事を作成し、報酬をもらうのが基本的なイメージです。

また、ゴーストライターのような仕事ばかりではなく、記事に記名できる案件もそこそこあります。自分の実績として残したいなら、記事に記名できる案件を選びましょう!

Webライティングの案件は情報商材から恋愛まで様々

Webライティングの案件は情報商材から恋愛まで様々です。お題に沿って指定された文字数の文章を書きます。

記事のテーマだけを渡されて「自由に書いてください」というのもあれば、記事の題名から構成まで決められていたり、使用画像が指定されるものもあります。(画像が指定されていなければフリー画像をネット上でダウンロードして使うことになるので、指定されている方が楽)

初期費用ゼロ円で始められる副業

ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトは無料で利用することができます。案件が終了したら報酬の何パーセントかが、クラウドソーシングサイトの取り分になるというビジネスモデルです。

そのため、あなたがランサーズやクラウドワークスに登録したり、どんな案件があるかを見るだけでは全くお金がかかりません。一度登録だけでもしておくのがオススメです!

ランサーズ公式サイト

クラウドワークス公式サイト

Webライティングの報酬

気になるWebライティングの報酬はどの程度なのでしょうか? クラウドワークス公認でWebライティング講座をされている方は、月の売り上げは100万円超えるそうです・・!(外注費とかで何割かは経費のはず)

Webライティングは、上手くやれば夢のある仕事でもあります。家にいようが世界一周してようが、パソコンとインターネットさえあれば稼げますからね。

Webライティングの報酬は文字単価1円以上のものを選ぶべし

Webライティングの報酬は、記事一本の値段が決まっており、それが文字単価に換算されて示されるものが多いです。文字単価は安いものだと0.1円や0.5円のもありますが、基本的には1円以上のものを選びましょう! それ以下だと安すぎてやってられません(笑)

一文字1円で案件を受注しても、調べ物が多いのはもちろん、色々とマニュアルに沿ってチェックをしたり、表を作成したり、WordPress上で文字装飾しなければならなかったりするので、最初は思った以上に時給が安くなると思います・・

クライアントに満足していただき文字単価アップを狙う

多少時間はかかるでしょうが、クライアントに満足していただき文字単価アップを狙うのが、Webライティングで稼ぐ王道です。

慣れてきたら文字単価2円であったり、自分がその分野に非常に詳しく、かつ待遇が良いと10円という好条件で契約できる場合もあるそうです! そのため、まずはコツコツとクライアントに満足していただけるような仕事をしていくことが大事です。

Webライティングの仕事の受注の仕方

自己アピールは存分に

Web ライティングの仕事を受注するには、以下のようなアピールポイントをクライアントに示す必要があります。

  1. 文章が得意である(できれば実績も)
  2. 案件分野の知識がありクライアントの要望に沿える
  3. 納期を遵守できる

ランサーズとクラウドワークスで案件を受注したい時は自己アピールを記入して提案するので、その時には存分に自己アピールをしましょう!

私の場合は、トリップノートで3年弱記事を書いていたり、このサイトを運用しているのでアピールしやすかったです。

実績としてはブログもオススメ

実績が何もない場合は、ブログを始めて実績を作っておくのがオススメです(必須ではない)。

関連記事

本ブログ「ある通訳案内士の旅路」は開設から2年以上が過ぎました! そんな中、「ブログ読んだよ」とか「あの情報役に立った」とか「僕(私)もブログ始めたいです」なんていうコメントが励みになっています。ブログを始めて続けることはきっとあなたの人生[…]

最初は文字単価が安い案件でいいので、まずは2件くらいの実績を作りましょう。そうすれば、より条件の良い案件も受注しやすくなっていきます!

Webライティングで稼ぐならランサーズとクラウドワークスの二刀流

Webライティングで稼ぐなら、ランサーズとクラウドワークスを両方利用するのがいいです!

以下では、ランサーズとクラウドワークスの違いに触れつつ、私がどのように二つのクラウドソーシングサイト使ってるのかご紹介します。

ランサーズは初心者でも目立ちやすい

ランサーズでは、比較的簡単に案件提案時に自分の提案を目立ちやすくすることができます! その結果、案件受注の可能性も上がりますね。

ちなみに個人的には、クラウドワークスよりランサーズのUIの方が好きです(笑)

ランサーズ公式サイト

ランサーズのランク制を有効活用使用

ランサーズではランク制が取られており、本人確認等条件を満たせば下記の4つにランク分けされます。

  1. レギュラー
  2. ブロンズ
  3. シルバー
  4. 認定ランサー

シルバーランクにはすぐになれる

しかも、上から二番目のシルバーランクまで上がるのはそんなに難しくありません。私はランサーズで仕事を始めて3日くらいですぐにシルバーランクになれました(笑)

シルバーランクになるには、案件の件数は少なくていいのですが、評価が関係します。まずは簡単な案件を受注して素早く正確に完了し、クラアントから高評価をもらいましょう!

最低でもレギュラーランクにはなるべし

また、案件を一つも受注していない状態でもレギュラーランクにはすぐになれるので、最低でもレギュラーランクになっておきましょう。

本人確認をしたくない人はレギュラーランクになることができず、結果、全然目立てません。クライアントに本名をや顔出しをする必要はないので、本人確認は済ませてしまいましょう!

本人確認に抵抗がある人は、クラウドソーシングサイトで稼ぐのは難しいかもしれません。あなたは下記のどちらの人にお仕事を頼みたいですか? 

  • ランサーズにより本人確認済みの人
  • どこの馬の骨ともランサーズ側が把握していない人

当然、身元がはっきりしてる人の方がいいですよね。

クラウドワークスは案件が豊富

クラウドワークスはランサーズより案件が豊富なため、下手な鉄砲を数打てば当たる可能性はあります。特にライターを数人以上募集している案件は敷居が低いです。

ただ、初心者でも受注できる案件は、文字単価が安いもの、面倒くさいものも多いと思います。そういった条件の悪い案件は、修行のためとか、実績づくりのためと割り切ってやらないと疲弊します・・

クラウドワークス公式サイト

Webライティングで実績を作って他の仕事も受注するといいかも

Webライティングは実績作りにも最適

前述の通りWebライティングは比較的誰でもできますが、特に最初は美味しい仕事を受注できない場合が多いので、クラウドソーシングサイトの実績作りとして割り切ってやるのもいいと思います。

ランサーズやクラウドワークスでは翻訳やウェブサイトの構築など様々な案件があるので、そういった案件を受注するための下準備としてWebライティングで実績を作るのはアリです。

翻訳やWeb サイトの構築案件は競争率が高い

というのも、翻訳やWeb サイトの構築案件は競争率が高く、最初からいきなり案件を受注するのは大変だからです。

いくつかの分野でお仕事を受注できるとリスクヘッジになる

もちろん、Web ライティングだけである程度稼いでいくことも可能ですが、いくつかの分野でお仕事を受注できるとリスクヘッジになりますよ!

前科者になったらひっそりとWebライティングで生きるのもアリ

私が万が一前科者になったら、ひっそりとWebライティングで生きるかもしれません(笑)

前科者はなかなか雇ってもらえる場所がないかもしれません。しかし、クラウドソーシングサイトでは本名も履歴書も顔写真も出す必要なく仕事を受注できるので、前科者であろうが善人であろうが、仕事さえしっかりこなせば関係ありません。

そのため、もし私が前科者などになったら、釈放後はWebライティングでひっそりと生きていくかもしれません。

また、何らかの理由で一般的な職業に就けない人も、世界中どこでもパソコンとインターネットさえあればある程度のお金が稼げる時代は、素晴らしいですね!

終わりに

Webライティングはガッツリ稼ぐのは正直大変な副業ですが、誰でも簡単に始められることから、副業の第一歩としては良いのではないかと思います!

是非本業以外の仕事でお金を稼ぐ体験をしてみてください! 世界が変わるかもしれませんよ。

ランサーズ公式サイト

クラウドワークス公式サイト
最新情報を取得

Webライティングの最新記事8件