注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

Universal Speakingの魅力!IELTS対策向けオンライン英会話

「Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)」というオンライン英会話サービスがあります。

海外留学や就職、永住権の獲得等、海外で力を発揮したい人には必須となりつつある、IELTS対策に特化したオンライン英会話サービスです。

今回は、TOEIC900点越えで、英検1級通訳案内士試験に一発合格し、外資系企業でインド駐在も経験した私が、「Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)」の魅力をまとめてみます!

Universal Speaking
5



・IELTS対策専門のオンライン英会話
・IELTS指導経験の長い講師陣が目標スコアまで丁寧に指導

Universal Speakingの魅力①:IELTS特化の講師陣

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)には、IELTSの対策に特化した講師が在籍しています。より効率的な学美を提供できるように研修も行っています。

IELTSの対策に特化した講師は頼もしいですね!

Universal Speakingの魅力②:驚きの価格

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)では、非常にお得にIELTS対策レッスンを受けることができます。

価格の詳細は公式サイトをご覧ください↓

Universal Speaking公式サイトはこちら

Universal Speakingの魅力③:マンツーマンレッスン

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)では、全てのレッスンがマンツーマンのプライベートレッスンです。

グループレッスンではないので、自分が望むようにレッスン内容を進めることができます。また、1日の受講数制限はないので2コマ、3コマ連続でのレッスンも行えます。

自分のペースに合わせてレッスンを受講することで、英語力の伸びが早まりそうです!

Universal Speakingの魅力④:無料カウンセリングで相談できる

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)では、本格的にレッスンに入る前に、日本人スタッフと目標やテストの日程について相談することができます。カウンセリングでの情報は講師と共有してくれます。

苦手なところや伸ばしたいところ、必要なスコアなどを相談したいことを話しましょう!

Universal Speakingの魅力⑥:24時間365日いつでもどこでもレッスン可能

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)は、24時間365日いつでもどこでもレッスンの受講ができます。

都合に合わせてレッスンを受講できるので、モチベーションを保ちやすいですね!

以下では、Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)による、IELTSの4技能対策についてご紹介します。

Universal SpeakingのSpeaking(スピーキング)

IELTSでは試験官と対面でスピーキングを行う

IELTSのスピーキングテストでは、試験官と対面でのスピーキングを行うという特徴があります。そして、どの程度のコミュニケーションが取れるかがスコアとして判定されます。

IELTSのテスト内容はある程度決まっている

しかし、テストの内容はある程度決まっているので、それに沿った対策を立てることできっちり高得点を得ることができます! 

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)のレッスンでは、質疑応答、スピーチ能力、ディスカッション能力を集中して鍛えます。

Universal SpeakingのReading(リーディング)

アカデミックとジェネラルでは出題される文章の内容が異なる

IELTSでも、アカデミックとジェネラルでは出題される文章の内容が異なり、アカデミックの方が学問的な専門用語が多いので複雑といえるでしょう。

問題文から速読を駆使してキーワードを正確に探し出す

リーディングテストでは、問題文から速読を駆使してキーワードを正確に探し出し、質問に対して適切な回答を応える必要があります。

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)のレッスンでは、どのように文章を読むべきか、テストの解き方、時間配分など様々なことを学びます!

Universal SpeakingのWriting(ライティング)

ELTSのライティングは回答用紙に手書き

IELTSのライティングは、コンピューターでのタイピングではなく、便箋のような回答用紙に手書きでのテストになります。

アカデミックとジェネラルではTask1の出題内容が異なる

アカデミックとジェネラルではTask1の出題内容が異なります。アカデミックのTask1は図や表などのデータから特徴を挙げたり、比較したりなどの要約を行います。

ジェネラルのTask1は状況に合わせた手紙の作成となり、書くべき内容を3つほど指定されます。Task1は両方とも150ワード以上という指定があります。

Task2では課題に対する考えとその理由を自分の知識を交えて書く

Task2では課題に対する考えとその理由を自分の知識を交えて書くという、小論文のようになっています。ジェネラルはアカデミックと比べると課題が日常的な内容となります。

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)のレッスンでは、文章の書き方、文法のチェック、内容の要約などを中心に学びます。

Universal SpeakingのListening(リスニング)

IELTSのリスニングは4セクション

IELTSのリスニングは4セクションにわかれており、1と3が会話形式、2と4が説明や講義形式の内容となっています。また、1と2は日常的な内容ですが3と4は学術的な内容となります。

問題形式は決まっている

幅広い分野から出題されるので多くの内容を学ぶ必要がありますが、問題形式は決まっているので、対策をきちんと行うことでスコアアップを狙うことができます。

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)のレッスンでは、メモの取り方、問題や文章の穴埋めなど、聞き取りしながらの情報処理の練習を行います。

Universal Speakingは今なら無料体験レッスンが受講可能

Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)では、現在、無料体験レッスンが受講可能です。無料なので一度試してみるのはいかがでしょうか? 

無料体験はこちら↓



終わりに

以上のように、手軽にオンラインで利用でき、IELTSで高得点を取る英語力を身につけたい人には、Universal Speaking(ユニバーサルスピーキング)は非常に良いサービスだと思います!

ぜひ楽しく、IELTSで高得点を取って、人生の幅を広げてくださいね〜

公式サイト↓



最新情報を取得