注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

英語がなぜ苦手だったのか、分析してみた。外国語学習最初の壁

私と英語の関わり

最近では小学校から英語が必修になりましたが、

私の頃は、中学校から英語の授業が始まりました。

正確に言えば、

幼稚園や小学校にもALT(Assistant Language Teacher)の先生がいましたが、

彼らの授業ではちょっと英語に触れただけでした。

とは言え、「ナイス・トゥ・ミーチュー」とか「ハウ・マッチ」とかを、

日本語英語で言えるようになる、といった成果はあったので、

意味がなかったとは思いません!

日本の英語教育についての私の考えは、

後々詳しくお話しようかなと思います^^

さて、私は中学受験などという存在をほぼ知らないまま、

地元の公立中学校に進学しました。

授業を受け、宿題も普通にやっていましたが、

なんだか英語がしっくりこない・・

なぜ語頭は大文字なのか、

fromの語尾はmではなくnではダメなのか・・

などなど、頭がこんがらがってたのを覚えています(笑)

今思えば、カタカナで発音を覚えてたからダメなんですよね。

初めての定期テストは、5教科中英語だけ平均点以下・・

自分なりには頑張ったつもりだったのに、

ちょっとショックでした。

次の定期テストでも平均点以下・・

勉強に関してはいい意味で放任主義だった母も少し心配したのか、

「英語だけでも塾行く?」と言ってくる始末。

わざわざお金を払って、

夜遅くまで塾になどには行きたくなかったので、

自分でどうにかせねば、と思いました。

英単語や英文を書き写すノートを買って練習したり、

教科書ガイドを買って読んでみたりしました。

でも、なんだかしっくりきませんでしたね。

そんな時、担任の先生が勧めてくれたのが、

NHKラジオの基礎英語

(参考:語学学習にNHKのラジオ講座がオススメな7つの理由

私の英語人生の第一の転機はここでした!

先生に感謝。ここから巻き返しが始まります!!

最新情報を取得