注目キーワード
  1. タイ
  2. インド

人生得するならポイント高還元で優待多数なのに年会費永年無料の楽天カード

使い道が非常に多い楽天スーパーポイントがザクザクたまる貯まるクレジットカードが楽天カードです。通常のクレジットカード決済でも1%の還元率(年会費永年無料カードではすごい)ですが、楽天市場ではスーパーポイントアッププログラム(SPU)によって、無条件でポイント3倍以上(最大11倍)となります。

楽天スーパーポイントは、楽天ポイントカードを使うとリアル店舗でも利用できます。年会費・発行料金は無料で、一切費用はかかりません。CMでもお馴染み、お得な入会キャンペーンでも有名です。もはや「国民的クレジットカード」と言えるほど、誰でも知ってるカードとなりつつあります。

そんな楽天カードの賢い使い方を詳しく見ていきましょう!

公式サイト↓

ザクザク貯まる楽天スーパーポイント

高還元率は楽天カードの誇り

楽天カードのポイント還元率は1%です。街での買い物でもネットでも、100円(税込)につき1ポイント楽天スーパーポイントが貯まります。税抜ではなく、税込なのが地味なメリットです。商品の価格は980円や1,980円など端数がある場合が多いので。

税抜だとポイントが微妙に貯まらないことがありますが、税込だとそのようなことはなく、効率的にポイントを貯められます。しかも、利用1回ごとではなく、毎月の利用額合計の1%分が付与されます。利用1回毎に1%未満の端数が切り捨てられる訳ではありません。

例えば、1ヶ月間で98円の買い物を10回した場合、合計は980円であり、このうち900円がポイント付与の対象となります。かなり細かくポイントが貯まり、無駄にならずに効率的に貯められます。1回の利用ごとに端数が切り捨てられるクレジットカードも数多くあるので、良心的ですね。

公共料金、携帯電話の料金、税金、保険料などの支払い時も満額ポイントが貯められるのもすごいです。税金などでは、ポイントがつかないorポイント率が下がるカードもありますので。

通常還元率1.2%という、さらに高還元な年会費永年無料のリクルートカードもありますので、リクルートのサービスをよく使うなら、そちらもオススメです。

公式サイト↓
リクルートカード

楽天系のサービスを使うならやはり楽天カード

楽天カードは、楽天系のサービスを使うと、屈指の高還元カード。私は入会後1年少々で、先月、先々月はほとんど利用しなかったのに、通算で見るとだいぶポイントが貯まりました。

楽天カードで楽天市場・楽天ブックスでお買物すると、誰でも簡単に毎日ポイント5倍にできる「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」というサービスがあります。エントリーは不要なので便利ですね。

楽天カードを利用すると+2倍(1倍上乗せ)となります。通常のショップポイント(1%)を含めて合計3倍(3%還元)となります。

月に1回、楽天市場のスマホアプリで買い物すると、その月のあらゆる楽天市場でのお買い物が更に+1%となり、合計で4倍(4%還元)となります。

また、楽天ブックス&koboで月1,000円以上お買いものすると、+1倍で5倍となります。容易に5%還元を達成できますね。

更に、楽天トラベルを利用すると+1倍、楽天ビューティの予約&来店で+1倍、MVNOの楽天モバイルの利用で+2倍、楽天ブランドアベニュー、Rakuten NBA Specialを利用すると各+1倍で最大11倍です。全部を利用する方はあまりいないかもしれませんが、楽天のヘビーユーザーは、かなり得することができます。

ただし、楽天市場の基本1%、楽天カードの基本1%(合計2%)以外は期間限定ポイントとなるので、ご注意ください。

楽天市場のアプリでお買い物した際の+1%は、楽天スーパーポイント利用時のお買い物でももらえます。

ハピタスというポイントサイトを通して利用すれば、楽天市場は+1倍、楽天ブックスは+2倍上乗せされるので、更にお得です! まだ利用してない方は、今のうちに利用を始めておくと、人生がもっと豊かになりますね。

↓当サイトのバナーをクリックして登録すると、特別に入会ポイントがもらえます!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

より詳しくハピタスの利用法を知りたい方はこちら↓ ハピタス以外のポイントサイトでも楽天市場は取り扱われており、それらポイントサイトの紹介もしています。

[clink url=”http://zipanger777.com/ana-mileage-beginner-1587″]

ポイント加盟店(特約店)でポイント2~3倍に!

下記の加盟店で楽天カードを使うとお得です。

ENEOS・てもみんは2倍(ポイント還元率2%)、その他は3倍(ポイント還元率3%)です。

ジャンル名前
アミューズメント大江戸温泉物語、複合カフェリラックス
カーライフENEOS、ダンロップ、タイヤセレクト、タイヤランド、キズキレンタルサービス
暮らし・住まいアリさんマークの引越社、ハート引越センター、サカイ引越センター、G・O・Gパソコン修理・データ復旧、日本戸建管理 家ドック会
交通・旅得タクネットワーク、ベストワンクルーズ、アミー号.com
ショッピングスーパーギターショップ Big Boss、家具・インテリアのルームズ大正堂、さかいやスポーツ、JEUGIA
ビューティー・癒しHair&Make FUSE、ヘアメイクパッセージ、てもみん・グローバル治療院、リフレッシュ工房オズ美容室センス、ヘアメイクsolidplace
ファッションエースコンタクト、メガネストアー

ポイント還元率は変わらないものの、私が好きな大江戸温泉で優待を受けられる、エポスカードも、年会費永年無料なのに、特典が素晴らしいカードとしてオススメします!

[clink url=”http://zipanger777.com/eposcard-1674″]

電子マネーEdyは超便利!

楽天カードには、楽天スーパーポイントカードしての機能に加え、電子マネーEdyを搭載することもできます。

今やSuicaやIDなどの電子マネーと共にかなりメジャーになり、使えるお店が増えてきました。コンビニなど少額で決済する場合に、クレジットカードで払うと、サインしないといけない場合があり、面倒です。

それに対して、Edyで払うときは、レジの人に「Edyで」と一言伝え、読み取る機器の上にカードをかざし、「シャリ〜ン」という音がなれば完了です。素早く、ストレスフリーな買い物ができます。小銭を頑張って数えて出し、お釣りがあっているかレシートと照らし合わせて確認していた時代は過去のものとなりつつあります。

しかも、楽天カードでEdyチャージすると、Edyチャージ200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まるようになりました。還元率0.5%です。Edyチャージでのポイントは、通常のカード利用獲得ポイントとなります。

Edy利用時に200円あたり1ポイントが得られます。合計で200円あたり2ポイントで、還元率は1%となります。

ファミリーマートやローソンでは、オートチャージという機能が使えて便利です。事前に、「会計後に残高が1,000円下回ったら3,000円チャージする」というような設定をしておけば、いちいち残高を自分で確認してチャージする手間が省けます。

忙しい現代社会では、Edy払いとオートチャージ機能を効率よく使って時間と労力を節約し、ストレスフリーな買い物をしましょう!

楽天スーパーポイントをEdy残高に1円から振り返ることができるので、楽天スーパーポイントの有効活用もできます。

おまけに海外旅行保険まで充実

ポイント還元率が高いだけでも満足してしまいそうですが、楽天カードは海外旅行保険も充実しています。ただし、エポスカードのように自動付帯ではなく、利用付帯であることには注意が必要です。

補償項目と補償金額は下記の通りです。

補償項目保険金額
傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救援者費用200万円
賠償責任2,000万円
携行品損害20万円(自己負担3,000円)

他の年会費無料カードの多くは、傷害・疾病治療費用が0~100万円です。楽天カードの海外旅行傷害保険はかなり良心的ですね。

家族カードも同一の保障です。夫の本会員が家族全員の旅行代金を支払った場合、妻が家族カードか本人カードを持っていれば、妻も保障対象となります。

友人や同僚3人で海外旅行に行く場合で、3人とも楽天カードを保有しており、全員分の旅行代金をそのうちの1人がまとめて楽天カードで支払った場合、楽天カードを保有している方全員に対して保険が適用されます。

更に補償を上積みしたい場合は、海外旅行傷害保険が自動付帯で、持っているだけで補償が上乗せされるエポスカードなどを持っておくと心強いお守りになります。

[clink url=”http://zipanger777.com/eposcard-1674″]

楽天カードと楽天ゴールドカードとの違いは?

楽天カードの上位カードとして、楽天ゴールドカードがあります。年会費は2,160円(税込)で、格安ゴールドカードです。

主な違いは、楽天市場でのポイント+2%と、国内外のラウンジが無料で利用できるようになることです。

楽天ゴールドカードを持っていると、海外保険が一般カードより更に充実し、約20の国内空港ラウンジや、ハワイのホノルル空港、韓国の仁川空港のラウンジが無料で使えるようになります。旅行好きにはとても嬉しいですね! ラウンジを利用する際は、カードと搭乗券を提示するだけで大丈夫です。

成田空港のIASSラウンジに行ってきました。ゆったりとした椅子で、飲み放題の飲み物(無料)を片手にのんびりできると、空港に早くきたくなってしまいますね(笑) アルコールが一杯無料で、柿の種などのおつまみが置いてあるラウンジもあります。

コンセントも多数あるので、単純に充電しに行ったり、スタバに入る代わりにwi-fi(入り口でパスワードをもらえる)を使って仕事してもいいですし、ラウンジの利用の幅は広いです。

待合スペースのように、ごちゃごちゃせず、落ち着いた環境にいれるのはありがたいです。ラウンジを出る際に、ヒルトン・グランド・バケーションズのギフト引換券をいただきました。黒が基調の、金色で模様がつけられた、無料の割にエレガントなボールペンでした! ヒルトンもいいマーケティング活動をしています。

楽天カードと楽天プレミアムカードの違いは?

楽天ゴールドカードの上位カードとして、楽天プレミアムカードもあります。年会費は10,800円(税込)で、他社カードのゴールドカードに相当します。

楽天プレミアムカードを持つ主な利点は、プライオリティパスのプレステージ会員資格を無料で持てることです。

世界の130ヶ国・地域、約500の都市で約1,000ヵ所以上の空港VIPラウンジが使い放題となる権利を楽天プレミアムカードの年会費だけで手に入れることができます。

搭乗する航空会社、搭乗クラスに関係なくラウンジを利用できるのが大きなメリットですね。格安航空券利用時も使えます。1日に2回以上ラウンジを利用することもできます。

楽天プレミアムカードが最強のコスパを誇る所以は、通常の年会費399米ドルであるプレステージ会員が無料となること! 1ドル100円換算でも年会費39,900円分が無料になります。10,800円の楽天プレミアムカードの年会費で、その4倍もするプライオリティパス の年会費が無料になるのです。このプライオリティパス のためだけに、楽天プレミアムカードを作ってもいいくらいです。ラウンジ利用は本来1回27USドルかかるので、4回使えばそれだけで年会費のもとは十分に取れます。

楽天ゴールドカードで利用できた国内空港の、出国審査前のラウンジと、ハワイのホノルル空港、韓国の仁川空港のラウンジに加え、全世界1,000ヵ所以上の、出国審査後にあるVIPラウンジが使い放題です。乗り継ぎで長時間またなければいけない時や、LCC利用で腹ごしらえをしたい時には最適です。ビュッフェはもちろん、アルコール飲み放題やシャワーが使い放題のラウンジもあります。

シンガポールのチャンギ国際空港のラウンジは、数年連続で賞を受賞しているだけあり、清潔で快適な空間でした。

インドのシリコンバレーと呼ばれるバンガロールの空港のラウンジは、開放感あふれて、おしゃれな造りでした。

ちょっと残念なのは、プライオリティパスのスマホアプリの目玉機能、デジタル会員証を利用できないこと。プライオリティパス原本を持っていれば問題ないので、空港を利用する際は必ず持っていきましょう!

[clink url=”http://zipanger777.com/rakuten-premium-card-1532″]

まとめ

楽天カードは、年会費無料とは思えないほど、ポイント高還元で、高機能なカードです。「国民的カード」になりつつあるのも大きくうなづけます。楽天の勢いはとどまるところを知りません。

現在は楽天カードを新規入会して利用すると5,000ポイント獲得できる、非常にお得なキャンペーンを実施しています。年会費は永年無料なので、楽天カードを使って日常の生活が豊かになるか、試してみるのもいいかと思います!

公式サイト↓

最新情報を取得