エスニックタウン

もはやコリアンタウンなだけではない!多文化入り乱れる新大久保の今

 

JR山手線で新宿駅から一駅の「新大久保」

2002年の日韓ワールドカップや、ヨン様などの韓流ブームで賑わった、

コリアンタウンとして有名な街です。

最近でも、コリアンタウンとしての色は濃いですが、

現在ではより、多文化が入り乱れる街となっています。

そんな新大久保の今を見ていきましょう!

 

 

目次

 

1、コリアンタウンとしての新大久保

2、中国人向け?の大きな免税店

3、イスラム横丁

4、日本随一のタイスーパー

5、タイ人ロード

6、しんじゅく多文化共生プラザ

 

1、コリアンタウンとしての新大久保

 

現在の新大久保に対する一般的なイメージは、

「休日は若い女性で賑わうコリアンタウン」

でしょうか?

私もそうだと思います。

 

韓流アイドルは若年層のファン(特に女性が多いイメージ)にいまだ人気で、

有名アイドルのグッズを販売する店だけではなく、

手軽にアイドルを見に行ける劇場もあります。

時には、アイドル自ら新大久保駅近くで宣伝していることもあります。

 

アイドルだけでなく、人気な韓国コスメのお店も多く、

若い女性で賑わっています。

もはや観光地ですね!

 

もちろん女性だけでなく、多数ある韓国料理レストランには、

男性客も多く入っています。

コリアンタウンとしてのメインロードからはいくつも道があり、

コリアンなお店が多数並んでいる道がいくつもあります。

その中の一つに「イケメンロード」と呼ばれている道があり、

若い男性が客引きをしています。

 

イケメンかどうかは個人の価値観によりますが、

コリアンタウンの雰囲気を感じられる細い道です。

 

キリスト教徒が多い韓国人がよく訪れているであろう教会もあり、

韓国人もたくさん住んでいるんだろうな、と実感がわきます。

2、中国人向け?の大きな免税店

 

以上のように、新大久保駅前から伸びる、

新大久保のメインロードは、コリアンタウンと呼ぶにふさわしいと思いますが、

ちょっと外れると、どんどん非コリアン化が進んでいるのがわかります。

 

新大久保のメインロードからひとつ横、新宿よりの大きな通りである職安通りに出ると、

その一端が垣間見えます。

この職安通りも、数多くの韓国料理屋があったり、

南大門市場という韓国っぽいスーパーや、

韓国の銀行があります。

 

しかし、数年前に、長年親しまれてきた、

韓国のCDなど、様々な韓国の物品を扱う大きな店が撤退してしまいました。

 

その近くに新たにできたのが、大きな免税店。

中国人観光客のツアーバスが何台も到来し、

「爆買い」スポットとなっていました。

実際中に入ってみたのですが、商品や内装の雰囲気などは、

銀座の免税店と似たようなものでした。

銀座などの混雑を避けるため、この新大久保に免税店ができたのでしょうか。

 

3、イスラム横丁

 

こちらは新大久保駅周辺の、コリアンタウン外れ。

通称「イスラム横丁」と呼ばれる小さなストリートがあります。

ここには、ネパール居酒屋やインドネシア料理屋、モスクが入ったビルや、

ハラル食品を販売する店が固まっています。

店も道ゆく人の顔も、イスラムの雰囲気を感じられるストリートです。

 

 

4、日本で最大規模のタイスーパー

 

こちらの「ASIA SUPER STORE」は数年前、職安通りに誕生しました。

ファミリーマートの上にあります。

入り口の階段を上っていくと、タイの歌謡曲番組を放送するディスプレイがお出迎え。

内部はタイの食材や雑誌などが取り揃えてあります。

 

ワンフロアではありますが、

タイ食材を専門に取り扱う店としては、

日本で最大規模です。

 

ちなみに、歌舞伎町のほうに歩いて行くと、

郵便局があるビルの上の方に、タイ語検定協会があります。

私はそこでタイ語検定用の単語帳を購入しました。

 

 

5、タイ人ロード

 

ここでは、社会の暗部を見ることができます。

歌舞伎町方面から新大久保のメインストリートに抜ける道の一つが、

通称「タイ人ロード」です。

 

なぜタイ人ロードと言われるのか・・?

いわゆる「たちんぼ」のタイ人のおばちゃんが、

暗くなると出てくるからですね。

昼間はただの道です。

 

最近では、南米系や、白人もちらほらいます。

 

以前は、タイ人ロードの歌舞伎町方面側入り口と交わる通りに、

中国人のたちんぼがズラー――っと並んでいたようですが、

取り締まりが厳しくなり、今はもういません。

 

タイ人ロードは、当時の名残なのでしょうか。

 

バイトの帰り道、エスニックタウンの面白さを教えてもらった師匠が、

タイ人ロードへ連れて行ってくれました。

初めて見た時は、強い衝撃を受けました。

日本にこんな通りもあるのか・・と。

 

バイト帰りに幾度となく通り、段々この状況に慣れてしまいましたが(笑)

目を合わせると声をかけてきます。

早足で通り抜ければ特に何も起こりません。

 

豊かな日本の側面ばかりを見て生きていると、

途上国に比べて、

「日本はなんて進んだ国なんだ」

と思うこともあります。

 

しかし、日本にも社会の暗部はもちろんあり、

裏社会に属したりせずとも、

私たち一般人の前に突如として姿を現すことがあります。

 

そんな現実を、したたかに生きるタイ人女性たちの存在によって、

突きつけられたような気がしました。

 

 

6、しんじゅく多文化共生プラザ

 

こんな多文化共生社会に向けた取り組みを、

新宿区は積極的に行っています。

そのシンボルと呼べるものが、

しんじゅく多文化共生プラザ」で、

西武新宿駅南口からすぐ、大久保病院横、

ハイジアというビルの11階にあります。

 

ここでは、日本語が不自由な人たちに向けてボランティアの日本語教室を開催したり、

ビザやその他日本で暮らすうえで直面する法律の相談を受けたり、

異文化交流がなされています。

 

こちらには私もよくお世話になったのですが、

多文化共生社会を目指すうえで、

このような施設の存在の、必要性を強く感じます。

 

異国で頼る人がいない人々の受け皿として、

行政がなせることはたくさんあります。

相談して問題が解決した人々の笑顔を見ると、

ここでの活動の意義を強く認識します。

 

もともと、日本は外国人に優しくなかった国だと思います。

日本のようにほぼ単一民族で長年成り立ってきた島国は、

「よそ者」に対する、警戒心が強くなりがちです。

 

しかし、好むと好まざると、国際化の波は、

日本社会にも押し寄せてきます。

 

そんな中で、外国人労働者が日本社会から孤立して犯罪に手を染めざるを得ない社会より、

地域で受け入れて、一緒に楽しく暮らしていく社会の方が良いことは、

誰でもわかる道理です。

 

そんな道理を円滑に推し進めようとしているのが、

しんじゅく多文化共生プラザのような施設であり、

そこで活動する人々です。

 

私たちも、多様な人々が楽しく暮らしていけるような社会づくりに、

少しでも貢献できたらいいですね!

 

 

まとめ

 

1、コリアンタウンとしての新大久保

2、中国人向け?の大きな免税店

3、イスラム横丁

4、日本随一のタイスーパー

5、タイ人ロード

6、しんじゅく多文化共生プラザ

 

以上、

「もはやコリアンタウンなだけではない!多文化入り乱れる新大久保の今」

はいかがだったでしょうか?

 

こういったエスニックタウンを歩いてみることが、

あなたの多文化共生に対する興味関心の一歩につながれば、

とても嬉しいです!

それが、エスニックタウンを紹介することの意義だなあ、

と私は思います^^

(参考:待ち合わせ前の30分で巡れる池袋北口チャイナタウン・ミニツアー

(参考:リトルマニラ 東京都足立区竹ノ塚でフィリピンパブデビューしてみた

(参考:日本最大のモスク!美しいイスラーム建築が目を引く代々木上原の東京ジャーミイ

 

エスニックタウンを歩くだけでなく、

彼らの料理を味わったり、

彼らと言葉を交わしてみてください!

あなたの人生の幅が広がるかも^^

ピックアップ記事

  1. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について
  2. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  3. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  4. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで

関連記事

  1. エスニックタウン

    リトルマニラ-東京都足立区竹ノ塚でフィリピンパブデビューしてみた

    友人二人と、東京メトロ日比谷線が通る街、足立区竹ノ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

Twitter

  1. ヒルトン

    ヒルトン・オナーズのステータスがダイヤモンド→ゴールドへ降格
  2. Taiwan

    台湾南の大都市高雄 スクーター・船・自転車で春節前の街巡り 
  3. Malaysia

    友人に誘われマレーシアへ 多文化都市KL周辺をドライブ
  4. India

    南インド・チェンナイ−リアルな海外駐在生活日記
  5. China

    行かなきゃ損!上海ディズニーランドをオススメする5つの理由
PAGE TOP