Malaysia

友人に誘われマレーシアへ 多文化都市KL周辺をドライブ

 

2014/10

 

今回の経験

 

・タイからAir Asiaでマレーシアへ

・高1の時に環太平洋学生キャンプで出会った友人と再会。

・KLの水族館

・様々な民族の料理

・ショッピングモールの屋内遊園地

・I-Cityでメルヘンな気分に

 

 

高1で参加した環太平洋学生キャンプで出会った、 マレーシア人の友人が、

「タイ留学してるなら、マレーシア近いじゃん。 おいでよ!」

と言ってくれたので、 Air Asiaに乗りクアラルンプール(KL)へ。

(参考:純ジャパの高1が環太平洋学生キャンプに参加して人生変わった話

 

ちなみにですが、高2の時に参加したキャンプで出会ったタイ人の友人には、家に泊めてもらいました。

(参考:タイ・スパンブリ 美しい歌声の地へ友を訪ねにバンコクから3時間

 

KLはAir Asiaの拠点なので、よくお世話になります。

(参考:インドネシア スルタンが治める街・古都ジョグジャカルタ探訪

(参考:ブルネイ・ダルサラーム オイルマネーに潤う豊かなイスラム教の王国

 

本当は友人の地元である、 Kedah州に来てほしかたようなのですが、

いろいろ話して、 KLに来てもらうことにしました。

後で、KedahサッカーチームのTシャツを買いました。

 

KL空港はWi-Fiがパスワードなく使えるので、 便利ですが、

一度ネットワークセキュリティを学ぶと、

VPNなしでは使いたくなくなりますね・・

まあ、当時はそんなこと気にしない、 IT音痴でしたが(笑)

 

無事友人にピックアップしてもらい、 KLの中心へ。

噂通り、開発が進んでいます。街もきれいです。

車の運転は、 彼と彼のフィアンセが交代でしてくれました。

感謝です!

 

KLのランドマークである、 ツインタワーに連れて行ってくれました。

しかし、残念ながらツインタワーのチケットは売り切れており、 近くの水族館へ。

海底トンネルの通路が動くなど、 クオリティーはなかなかでした。

 

昼ご飯は近くのモールのフードコートへ。

モールの規模・質はバンコクのものに引けを取りません。

ここで、マレーシアが多民族国家であるということを、 目の当たりにします。

 

フードコートには、マレー料理、中華料理、インド料理が 並んでいます。

国民を構成する主な3つの民族です。

ちなみに、日本の鉄板焼き、寿司もありました(笑)

 

せっかくなのでマレー料理を。

よく見る、お皿の真ん中にご飯がピラミッド型に盛られ、

その周辺をチキンや魚や豆に彩られる料理です。

 

辛くないのを注文してもらったので、 舌を痛めることなく(笑)、

美味しくいただきました!

 

その後、モール内の室内遊園地へ。

東京ジョイポリスほど多彩なものはありませんが、

浅草花やしきくらいは楽しめるのではないかと思います。

 

ジェットコースターは楽しかったですが、

ぐるんぐるん回るやつはすごく気持ち悪くなりました(笑)

 

ちなみに、モールの伊勢丹では日本物産展を開催してました。

まず、伊勢丹あるんですね(笑)って感じです。

クロネコヤマトも進出しています。

 

その後、KL郊外のI-Cityへ。

道中では、カラフルなABCやサテ―を食べました。

 

I-Cityは、イルミネーションがキラキラしているところです。

観光地と言うより、 地元の人でにぎわっている場所でした。

ちょっとメルヘンな気分になれます(笑)

 

翌日、私はバスでシンガポールを 目指すことにしていたので、

近くのバスターミナルまで送ってくれました。

バス代まで出してもらって、 すごくお世話になりました・・

(参考:多民族都市国家シンガポールを寂しいながらも一人で満喫(笑)

 

彼らが日本へ来たら、 精一杯おもてなししたいなと思います^^

海外に友人がいるっていいなと思いました。

 

言語の面で助けになるだけでなく、 ただ知らない土地を旅するだけでは、

到底知ることができないようなことに、 出会える旅となりました。

 

現地の友人に助けてもらった旅、といえば、ミャンマーを旅したときを思い出しますね・・

(参考:ヤンゴンからバガンへ鉄道旅 ミャンマーを体感した18時間

(参考:古都マンダレーでサイクリング アマラプラ-ウーベイン橋の夕陽

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

ピックアップ記事

  1. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  2. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで
  3. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について
  4. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ

関連記事

  1. ステータスマッチ

    1年間のインド駐在生活を振り返って。インドで暮らし、働くとは?

    そろそろ私の南インド・チェンナイでの駐在生活も約1年になります。そして…

  2. ヒルトン

    【ヒルトン】ベストレート保証で最低価格から更に25%オフで宿泊する方法-Hilton Kuala L…

    アコーホテルズのプラチナ会員からステータスマッチチャレンジをしてダイヤ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

LINE@!

LINE@もぜひ!!

LINE@にぜひご登録ください! 役立つ情報をお届けします^^

Twitter

  1. Thailand

    交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで
  2. お得な生き方

    年間数十万円の差!?海外駐在・長期留学の際に住民票を抜くメリット・デメリット
  3. 通訳案内士

    ハロー通訳アカデミー -独学で通訳案内士目指すなら利用すべし
  4. Thailand

    タイ カンチャナブリ 戦場にかける橋と泰緬鉄道博物館で思う
  5. ステータスマッチ

    ヒルトン・オナーズのステータスがダイヤモンド→ゴールドへ降格
PAGE TOP