Peru

インカの聖なる谷 ピサック・オリャンタイタンボ ツアー

 

2017/2

 

7:30に迎えの車が宿に来ました。

いよいよマチュピチュへ向けたツアーが始まります。

 

私たちは、マチュヨの定番コースである、

1泊2日マチュピチュ・聖なる谷ツアー

に参加します!

 

このツアーの内容は、

インカの遺跡であるピサックとオリャンタイタンボ観光、

アルパカ農場、往復ペルーレイル、

マチュピチュ村のホテル、

マチュピチュへのバス、

マチュピチュ観光です!

2日間で盛りだくさんですね!

 

まずはピサックへの通り道にある(のかな?)

アルパカ牧場へ。

 

普段なかなか見ない高山の動物たちを見て、

「ああ、南米に来て良かったな」

と思いました。

 

ここにはアルパカだけでなく、

ビクーニャなどもいて、

違いなどを説明してもらいました。

雨に濡れているさまも可愛いですね(頬笑み)

しっかり餌もあげてきました。

よく食べる子たちです。

コンドルもいます。

 

様々ないもやとうもろこしも置いてあります。

アンデスの貴重な食料です。

 

続いてピサックへ!

あまり有名ではありませんが、

小さめなマチュピチュのような遺跡です。

(いや、それでも全然小さくない笑)

 

3,000m越えの高所なので、

遺跡を上り下りするのは大変でしたが、

この時はまだ元気でした(笑)

 

インカの遺跡では段々畑がよくあります。

 

この岩肌に無数にある穴はお墓だそうです。

 

幾度となく夢想していたインカの聖なる谷にいるかと思うと、

すごく興奮しますね!

 

インカの人々はこの谷で何を思い、生活していたのかと、

風に吹かれながら黄昏たり。

広大な遺跡の写真を何枚も撮りました。

 

ここは3,514mらしいです。

今回はプライベートツアーではなかったのですが、

他の参加者はいないらしく、 プライベートツアーに!

ラッキーですね(笑)

 

ガイドのお兄さんは気さくで、

3か国語(スペイン語、英語、ポルトガル語)で

ガイドできるみたいです! すごいですね!

 

私も通訳案内士のはしくれとして、

言語能力・知識・ホスピタリティーともにそろった、

彼のようなガイドができるようになりたいと思いました。

 

そしてウルバンバへ。

昼食では、栄養価が非常に良い穀物として注目を集める、

キヌアスープをいただきました!

味は薄めでしたけど、まあこんなもんですかね(笑)

 

食後はお土産を。見ているだけで楽しいカラフルな市場。

この色合い好きですねえ。

 

そして、本日のもう一つの目玉、オリャンタイタンボへ。

岩でごつごつとしたさまは、

インカの人々がここでスペイン人を迎え撃とうとしたことも

うなずけます。 ここも上り下りが多く、

高知に弱い僕としては楽ではなかったのですが、

学生で体力はまあまああったので、

遺跡を楽しむ余裕はありました。

とにかくスケールがでかい!

 

自然との共存を図ったインカの町は美しいですね。

 

ここオリャンタイタンボの駅から、

ペルーレイルでマチュピチュ村へ向かいます。

環境保全などの理由があり、

マチュピチュ村へは、

これかもう一つのインカレイルで行くか、

歩いていく以外に方法がないのです。

 

貧乏バックパッカーにはつらいですが、

ちょっとお高めな列車へ。

最初は、バックパッカーの間で「スタンドバイミー」

などと呼ばれている、

列車の線路をずっと歩いていくコースで行こうと考えていたのですが、

友人に反対されました(笑)

 

私は帰り体調が悪かったので、

電車にして良かったと 身にしみて感じました。

良識ある友人に感謝です!

 

列車では軽食やドリンクのサービスがあり、

周囲の景色やBGMを楽しみながら快適に過ごせます。

チチャモラーダ(紫のトウモロコシのジュース)とキヌアパイです。

 

車窓もいいです。

 

注意点ですが、大きな荷物は車内に持ち込めません!

飛行機の機内に持ち込めるくらいの大きさなら大丈夫なのですが、

大きなスーツケースは載せられない可能性があります。

 

というのも、単純にスペースがないのです・・

 

1時間半ほどで、アグアスカリエンテス駅(マチュピチュ村)に到着です。

駅ではツアー会社の人が出迎えてくれて、

私たちをホテルへ案内してくれました。

 

夕食は、近くのレストランHot Springs IIで、

マチュピチュ村名物のマス料理を!

脂がのっていて美味しかったです!

 

ただ、油に弱めな私にはちょっと良くなかったかな・・

というのも、高山では消化能力が落ちるからです。

美味しかったし、まあいっか!

 

素朴なマチュピチュ村散策もオススメです!

 

明日はいよいよマチュピチュへ!

続きは「老いた峰マチュピチュ 移りゆく雲に彩られる天空の城」で!

ピックアップ記事

  1. 交換留学生が選ぶバンコクのモール5選 庶民派から高級モールまで
  2. タイ・バンコクの病院体験 豪華・日本語対応可で駐在員も旅人も安心
  3. チュラロンコン大学でボランティア タイ人に混じってサラブリの学校へ
  4. 語学好きチェンナイ駐在員が語る!流麗な文字を持つタミル語について

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Google Translate

Twitter

  1. 受験

    英語がなぜ苦手だったのか、分析してみた。外国語学習最初の壁
  2. Laos

    世界遺産の町ルアンパバーン近郊で象使い修行 川に振り落とされる
  3. South Korea

    韓国から北朝鮮に一瞬入国!板門店で北緯38度線の雰囲気を感じる
  4. エポスカード

    【エポスカード】年会費永年無料で海外旅行保険・優待特典も豊富
  5. 英検

    本当にレベル高すぎ?英検1級を攻略するためにすべき5つのこと
PAGE TOP